ビリーの雑記

気になった漫画とかアニメとかの感想、ネタバレ注意

#42 最近読んだ漫画

 

 

 

こんにちはビリーです。

 

 

最近私の推し漫画をたくさん読んだので感想を軽く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の心のヤバイやつ 7巻

 

今回は山田が自分のことを好きだと気づいた所から始まる。

ブルデートしたり、名前呼びされたり、誕生日にお泊まりされたり、山田をストーカーから守ろうと必死になったり。いつもながら濃いのなんの。

 

今回も着々と距離が縮まってる。名前呼びの次はなんだ、正式付き合うんか。次回も楽しみ。

 

ブルデートのときの嫉妬山田かわいい。すぐ顔にでちゃうの可愛すぎる。

 

バスケのシーンで胸に触れちゃったりとか、お泊まりの時に山田パンツ見たりとか、思春期って感じがして最高だ。私もそんなラッキースケベな青春したかった。

最近は自家発電シーン少なくなったけど絶対回数増えてるぞ。それともリア充になると減るんだろうか。私を置いていくな…。

 

あと山田母のサービスシーンも多くて良かった。

 

ギャグもキレッキレで笑いながらもキュンキュンしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

山田と加瀬さん。 3巻

園芸王子とのいざこざや大学祭、聖夜デートの巻。

やきもちしたり、彼女宣言したり、愛の再確認って良いよね。告白も愛の確認作業って言うし。

 

加瀬さんの太ももマッサージ。筋肉質だけど柔らかくて良い匂いがしそうだ。捗ります。

 

加瀬さんの独占欲強くていいぞ~。

加瀬さんの同室の子も加瀬さんに惹かれ始めてる。脈はなさそうだけど、ここの話もいずれ見たい。山田曇らせ。

 

次回からは同居になりそう。いままでは行為の時に加瀬さんから誘うことが多かったけど、慣れたら山田の方が性欲強かったりして。

 

やっぱりギスギス百合よりラブラブ百合が至高。

 

 

 

 

 

 

上記の2巻で私の本棚が誇る最キュンキュン漫画。両方ほぼ年一なのが残念。

ここからは新刊コーナー。

 

 

 

 

 

女の園の星 1.2巻

人気みたいなので買ってみた。面白い。継続購入決定。

女子高生の訳分からん思考と教師の絶妙なキャラが他にはない良い感じの面白さを醸し出してる。

2巻のペタリストの話すき。

 

 

 

彼女の友達 1巻

いろんな本屋さん巡ってようやく見つけた。

 

ほぼエロ漫画。絵がものすごくそそる。

NTRは寝取った男が憎くなるけど、女の子に逆NTRされるのは許しちゃう。カワイイしエロいので。最低。

これも絶対次巻以降も買う。

 

 

 

 

地雷なんですか?地原さん 1巻

絵が好き。地雷女もすき。最高。

ギャップカワイイ。

こんな子と付き合いたいなぁ!と思わせるようなキャラだ。

 

 

 

 

 

 

こんな感じで今回は終わり。

他にも最近は欲望パンドラとか推しの子とか読んでます。こんなに読んでるのにぜんぜん積ん読が解消されないのはなんで?日々精進。

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百合を養って生活したい。

 

#41 牛丼食べ比べ

 

こんにちは、ビリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

始めに

 

人生最後の夏休み、せっかくだし色々なことをしてる。(当社比)

えっちなイラストのジグソーパズル買ってみたり、ホラー映画をいろいろ見てみたり、晩酌してライブ見てみたり。

 

 

そんな中、面白そうなことを思いついたので試してみようと思ったのが、牛丼食べ比べ。

きっかけはバイト中に「どこの牛丼好き?」って聞かれたときに困ったこと。

 

 

私の舌はあってないようなものなので、前食ったものの味など覚えてられない。しかし、同時に食べればさすがに違いが分かるだろう。

ということで有名チェーン3種の牛丼を買ってきて、比べてみる。

私にはこんなしょうもない事に付き合ってくれる友達などいないので1人です。悲しいね。

 

 

感想はあくまで今現在の私個人のものです。信用しすぎないでいただきたい。

 

 

3位から順番に発表する。

 

 

 

 

 

 

 

3位

すき家

容器が小さくて密度が高い

ご飯がつゆだくでびちょびちょ

肉がかみ切りにくい

 

私はおかゆでも食ってるんか、というくらいのびちょびちょ。

私の好みではない。

 

 

 

2位

吉野家

 

ご飯が少しびちょびちょ

たまねぎやわらかい

肉もやわらかい

 

すき家よりマシだけどご飯がつゆで濡れてる。

具材は柔らかくて食べやすい。

 

 

 

1位

松屋

 

タマネギ多め

容器が肉とご飯で別れている

容器がデカいせいで少なく見える

肉がかみ切りにくい

 

1位はいつも食べてる松屋。容器が別れているので汁の具合が調整できる。舌が慣れてるってのもあると思う。

 

 

 

 

 

 

終わりに

正直牛丼小盛りでも3つ食うのつらい。1時間強かけて食べた。もうしばらく牛丼はいいかな…。

 

あと順位は付けてみたけどそこまで大きく味が変わるかと言われたら否だ。お腹空いてるときに食ったら全部うまいだろ、多分。この企画で一番言っちゃいけないセリフ出ちゃった。

 

今後「牛丼どれが好き」って聞かれたら理由も添えて「松屋です」と自信を持って答えられるようになった。これはでかい、ということにしておこう。

 

 

 

今回はいつもの漫画アニメから離れてみた。そこら辺のブロガーみたいな内容になってしまった。たまにはいいかも。雑記なので。

 

こんな感じで思いついたときにも日記を積極的に更新していきたい。そしてこれを見ている将来の私は、私にもこんな青春があったんだなと思い返して欲しい。青春と呼ぶには余りに寂しくしょうもない内容だけど。

 

 

 

今回はこの辺で終わり。

次回は多分夏クールアニメ評価かな。

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はつゆだくが嫌いだということに始めて気がついた。

#40 無職転生 小説

 

※単行本最新刊までのネタバレがあるので注意!!!

 

 

こんにちは、ビリーです。

 

 

今回は無職転生の小説を読んだので次巻に向けてのメモと感想を書いていく。

25巻読むのにだいたい1ヶ月半くらいかかった。こんなに長くなったのに飽きずに読めてるのすごい。

あとアニメが2021秋クールで終わって単行本買い始めたんだけど、半年くらい放置してた。就活とかブレワイがあって読めなかったんだ…。許せサスケ。

 

 

 

 

 

 

 

アニメでも見ていたので1~6巻はざっと書いてく。

 

1巻 幼年期

転生してパウロ、ゼニス、リーリャに育てられる。ラプラスの因子を持って生まれたため、魔術の才があり魔神ラプラス並の魔力量まで成長する。

魔術の家庭教師としてロキシーが来る。ここで引きこもり体質だったのを克服する。ロキシーを神格化し始める。ここで私もロキシーに惚れた。

シルフィがいじめられている所を助ける。依存される。私はシルフィの好感度はこの時点ではそこまで上がらなかった。かわいいけどね。

ギレーヌに連れられボレアス家へ。

おまけはシルフィが礼儀を教わる話。

 

私は緊急家族会議のシーンをアニメで見て覇権を確信した。

 

 

2巻 少年期 家庭教師編

エリスとの出会い。そして誘拐事件やダンスの練習を通して好意を寄せられる。最終的には15才になったらヤらせてもらえる確約ゲット。

ギレーヌに剣術を習う。ここから先剣術は伸びてない。剣神流、水神流、北神流それぞれ上級といったところ。

闘神語、魔神語、獣神語の言語学習に伴って大まかのこの世界の歴史が語られる。

ターニングポイント1。フィットア領を含む大規模な転移事件が起こる。直前にペルギウスの使徒、アルマンフィがちょこっと登場。エリスと共に魔大陸北部へ。

ロキシーは転移事件を知り、動き出す。ギレーヌは転移先でとある国を救い、守の女神レーヌと崇められる。

おまけはギレーヌがボレアス家にお世話になった経緯。

 

怒濤の展開が続いて面白いのなんの。

 

 

3巻 少年期 冒険者入門編

転移先でヒトガミの指示によりルイジェルドと共に冒険する。

ロキシーの故郷、ミグルド族の村へ寄り、キシリカ城のあるリカリス村へ。

ルイジェルドの嫌悪される呪いを解こうとしながら、冒険者として生活。

調子に乗って即席で組んだチームの仲間を殺されてしまう。

さらに馬面の魔族の冒険者ノコパラにハメられ逃げるように次の街へ。

間話で転移による影響でアリエルの護衛デリックが殺され窮地に陥っている所をシルフィが救う話も。

おまけはロキシーが幼い頃の話。

 

ヒトガミが登場してますます面白くなってくる。アリエルも本編ではだいぶ先だけど初登場は3巻。

 

 

4巻 少年期 渡航

港街でヒトガミの指示でキシリカに出会い、魔眼を貰う。ここでパウロ、ゼニスのパーティメンバーだったエルフのエリナリーゼとドワーフのタルハンドの2人と行動していたロキシーとすれ違う。

密航して渡った先で獣族を助け、誤解により投獄されるも、村を救う。そこで出会ったギースとミリスまで旅をする。

 

キリシカが良い味出してる。魅力的なキャラの描き方が上手い。

ジンクス男ギース。生き様は男前で好きだけど敵になってからは嫌い。

エリナリーゼはまじでいい女。無職転生は好きになるか嫌いになるか両極端なキャラが多い。

 

 

5巻 少年期 再会編

ミリスでパウロと親子げんか&仲直り。妹ノルンには嫌われる。

その間にエリスがミリスの神子を助けたり、クリフに憧れられたりする。

アニメでは省略されていたがゼニスの姉妹テレーズの力を借りて渡航

その他にはロキシーがミグルドの村へ帰ったり、七大列強5位の死神ランドルフが横流王国にスカウトされたり、アリエルが死んだことになってアスラ王国に伝わったり。

 

アニメではカットされてるけど番外編とか間話で重要なキャラがどんどん出てくる。あとで読み直しても面白い。

 

 

6巻 少年期 帰郷編

ロキシーが宮廷魔術師として働いていたシーローン王国で、フィギュア収集家の怪力の神子ザノバの力を借りて、打倒パックス。捕らえられていたリーリャとアイシャも助ける。

ターニングポイント2。唐突なオルステッドとの戦闘。オルステッドと共に旅をしていたナナホシにより一命を取り留める。

ルイジェルドと別れ、フィットア領に帰りギレーヌとボレアス家の執事アルフォンスと出会う。エリスの祖父、父、母が処刑された事を聞くが、吹っ切れてボレアスの名は捨てる。なかば強引にエリスに抱かれるが、起きたら「私とは釣り合わない」という置き手紙と切られた髪を残して去る。この影響でEDに。

ロキシー一行はキシリカとバーディガーディと出会い、エリナリーゼとバーディガーディがルーデウスを探しに、タルハンドとロキシーはゼニスを助けるためにパウロのもとへ。

 

こっからしばらくEDの話が大筋になる。アニメ2期ほとんどEDの話じゃねぇか。

アニメ1期はここで終了。濃い2クールだ。アニオリで最終話にアリエルの生徒会のシーンがあったり、ゼニスの声が聞こえたりする。

アニメ最終回ちょっと見直してみたら感動しちゃった。

 

 

 

 

7巻 青少年期 中堅冒険者

EDで落ち込んでいるルーデウスはフィットア領から北部へ向かい、冒険者のサラと出会う。一緒に討伐をしたり、サラの命を助けたりして、ヤる流れになるがEDで勃たず、サラに逃げられる。

中堅冒険者ゾルダートと喧嘩するもたしなめられ、風俗へ行くも勃たず自暴自棄になり、心ないことを言ってしまい、それをサラに聞かれて仲違いしたまま街を去る。

エリナリーゼがルーデウスを見つけ、ラノア魔法大学へ行く。

番外編はアリエル(シルフィ)VSリニア&プルセナ。

 

ここだとサラすごい好きになるし、別れも誤解が解けたところでギリギリ間に合わないって感じなので惜しいって思うんだけど、しばらく経つとやっぱりこれでよかったのかもしれないって思うようになる。失恋って不思議だ。

 

 

8巻 青少年期 学園編(前)

ヒトガミの指示によりラノア魔法大学に入学し、男装したシルフィ、フィッツに出会う。学園で再会したザノバとドワーフの奴隷のジュリと出会ったり、リニアとプルセナを手下にしたり。

 

学園編、新キャラが多くて楽しい。

 

 

9巻 青少年期 学園編(後)

クリフとエリナリーゼが付き合う、バーディガーディに決闘を申し込まれてぶち飛ばす、サイレントセブンスターがナナホシこと七星静香だったことが判明するなど色々なことが起きつつ、最後はフィッツが正体をバラしてルディに告白される。というかそういう風になるようにシルフィが仕向ける。

番外編はエリスが剣の聖地で修行する話。剣神とニナとジノが登場。

 

この巻のイラストずるいぜ。こんなんまともな奴なら全員シルフィ好きになる。献身的な妻いいよね。

 

 

 

10巻 青少年期 新婚編

シルフィと一緒に住む家を探して狂龍王カオスの残した機械人形を見つけたり、披露宴をしたり、エリナリーゼがシルフィの祖母だと判明したり、ナナホシの実験が失敗して精神崩壊したところを助けたり、アイシャとノルンとジンジャーとルイジェルドが家に来たりの巻。ルイジェルドはバーディガーディと決闘し、すぐにどこかへ。だいぶ後で分かるが、スペルド族の生き残りをバーディガーディに教えられて、ビヘイリル王国へ。

間話で北帝オーベールに修行してもらうエリス、番外編でノルンとルイジェルドの出会いが描かれる。

 

学園編が終わったからガラッと舞台が変わるのかと思いきやそんな変わらない。とはいえ重要な話だらけ。

 

 

11巻 青少年期 妹編

前半はアイシャが家のメイドになったり、アイシャとルーデウスという優秀な兄弟と比べられ塞ぎ込んだノルンを説得したり、シルフィが妊娠したりする。

ターニングポイント3。ヒトガミの指示に背いてベガリット大陸へ行く。ナナホシと協力して、エリナリーゼと転移魔方陣を使って近道する。

番外編はノルンとクリフとミリス教の話。

 

妹二人の魅力がたっぷりつまってる。アイシャもノルンも可愛いね。

中盤は妹編とは名ばかりで久々のターニングポイント。重要な決断とか出来事の時にターニングポイントが付くんだろうか。未だにルールが分かってない。

後半の冒険シーンはちょっと飽きそうになった。アニメだとばっさりカットされそうだ。

 

 

12巻 青少年期 迷宮編

ガリットでパウロ一行、タルハンド、ギース、リーリャと出会い、迷宮ではぐれたロキシーを助けに行く。ここでロキシーがルーデウスを意識し始める。かわいい。

最下層まで順調に迷宮を踏破するも、ゼニスを前に守護者ヒュドラに苦戦する。辛勝するもパウロが死んでしまう。ゼニスも記憶が戻らず喋れもしない状態に。

落ち込むルディをロキシーが慰める。シルフィに操を立てたのにと罪悪感を覚えながらも、ロキシーを第二夫人にすること決める。

帰還してリーリャ、ゼニスを家に置くことに。シルフィとロキシーも大事にならず平和に解決。シャリーアパウロの墓を建てて挨拶をして終わる。

 

作者もここで一段落と言っていたので、この巻でおそらくアニメ2期は終わる。PVでもここら辺のシーンまで確認できる。2期も2クール分割なんだろうか…。一気にみたいなぁ!

ルーデウスの声優もこれを期に変わったりするんだろうか。一気に読んじゃったから成長してる感がなくてずっと内山夕実さんの声の印象。想像できないから誰になっても違和感ありそうで不安だ。

待ちに待ったロキシーのターン。私の一番の推しなので嬉しい。けどパウロが死んで悲しい気持ちもあるので素直に喜べなかった印象。

 

 

13巻 青年期 日常編

ロキシーがラノア魔法大学の先生になったり、ザリフの義手が完成したり、シルフィとの子供ルーシーが産まれたり、クリフとエリナリーゼが結婚したり、アイシャとノルンの10才の誕生日とロキシーの結婚祝いを兼ねた祝賀会をしたり、サラと再会して誤解を解いたり、リニアとプルセナが卒業に伴って決闘してリニアが商人に、プルセナが獣族の里に帰ったり、ナナホシの研究がスイカが召喚できるくらい進んだり。日常といいつついろんな事が次々と起こる。

間話は水神流を習うエリス。

 

なんか細かいこと全部やっちゃえ感のある巻。表紙が一巻のオマージュ。かなしいうれしい。

 

 

14巻 青年期 召喚編

ボレアス家にいたときに見えていた空中城塞のもとへナナホシの紹介で行くことに。ペルギウスに謁見。

ナナホシが体調を崩し、キシリカを探してリカリス村へ。魔王アトーフェラトーフェに謁見&対決。ペルギウスの助けもあり、なんとか帰り、ナナホシは完治。

ターニングポイント4。ヒトガミが地下室に行くように指示。そして起きると同時に未来からボロボロの男(老デウス)が登場。過去へのタイプリープに成功し、ヒトガミの指示に背き、エリスに手紙を出すように言われる。そして老デウスが死んでしまう。

番外編ではエリスがニナを破り剣王に。

 

こんなところで終わるの無理すぎて、この日もう一巻読んじゃった。ペルギウスもアトーフェもインパクト強かったけど最後の老デウスに全部もってかれた。

つまんない訳ではなかったけど、正直飽きかけていたので、ここにきて持ち直した感がある。

 

 

 

15巻 青年期 ヒトガミ編

悲惨な未来を迎えた日記を読むが、ヒトガミが夢に出てきてオルステッドと戦う事に。闘神鎧レベルの強さを持つ、魔導鎧一式を完成させる。

オルステッドに万全の準備をして挑むも敗北、ピンチの瞬間にエリスたちが合流するも、エリスもオルステッドに敵わず。

しかしオルステッドの提案でヒトガミを裏切り龍神配下になることに。

エリスは長年の夢が叶ってルーデウスと結婚。

番外編は3人の妻の話。

 

ヒトガミとオルステッドのどっちが悪か分からなくて、膝をついてオルステッドの仲間になったルーデウスがみっともないと思ってしまった。みっともなくとも自分の家族を守れる道を選んだという所を見せたかったのだろうか。25巻まで読んだ今見るとオルステッドも決死の思いだったんだと分かる。オルステッド仲間になると一気に頼りになる。

またここら辺から3人妻体制で物語が進んで行く。セクハラシーンも増えて妄想で眼福です。夢にまで見たハーレムだぜ。私はアニメでこの3人がキービジュアルとかでフューチャーされていたからなんとなく分かっていたけど、小説で読んでいた人は安心したんじゃないだろうか。

作者がルーデウスは落ち込んでいる時に助けてくれる存在に惚れるとか書いてあった。全員条件は満たしてる。

 

 

 

 

 

 

16巻 青年期 アスラ王国編(前)

守護霊獣である聖獣レオを召喚、図書迷宮へ行きデリックの日記から王の資格を学んだアリエルはペルギウスを説得することに成功。

間話ではエリスリーゼとギレーヌの飲み会。

 

表紙のシルフィさいかわ。エリスもすごい頼りになるしカワイイ。

図書迷宮の魔王も面白いキャラをしていたのでまた出てほしい。

 

 

 

17巻 青年期 アスラ王国編(後)

北帝オーベールや北王二人の奇襲を返り討ちにしつつ、アスラ王国へ到着、水神に圧倒されるもオルステッドが出てきて一撃、オーベールVSルーデウス&エリス&ギレーヌ、ルークの裏切りを説得するシルフィ&アリエル、それぞれの別れなど。

間話では誰か(ヒトガミ)と話すギース。

 

強い奴と強い奴の戦いのは面白いに決まってるんだよな。

あとヒトガミが敵に回ると一気にしんどくなるね。疑心暗鬼しかない。

 

 

 

18巻 青年期 配下編

龍神配下として仕事をこなすルーデウスロキシーとの娘ララが産まれる、生徒会長になっていたノルン、奴隷になっていたリニアを使って傭兵団を作ったアイシャ、獣族の里でプルセナを救い傭兵団に入れる、ジュリが傑作フィギュアを作ることに成功するなど。

 

この巻は準備回といったところだろうか。

獣娘2人組がまた出てきてくれて嬉しい。発情期どんな感じになるんだろう…。

妹もちゃっかり成長してる。ここら辺からアイシャの有能ぶりがすごい。

アニメ3期をやるんだったらおそらくここまで。17まででもキリが良いかも。次巻からは青年期という表記が消える。意図的なのか、たまたまなのかは分からないけど。

3期はスケールが大きくなるし、驚きの展開が多くあるし、なにより嫁が3人揃うので最高傑作になりそうだ。2期終わりで制作決定してくれれば良いんですが…。リゼロとかオーバーロードみたいに数年空くんだろうか。そんなの耐えられない!2期は円盤を買おう…。

 

 

 

 

19巻 ザノバ編

戦争のためシーローン王国に招集されたザノバとジンジャーはルーデウスロキシーと一緒に帰郷する、ザノバ達は砦を守り切るも本陣にいるパックスが下克上される、パックスの元へたどり着くも護衛の死神ランドルフと戦うことに、撤退寸前まで追い込まれるがランドルフが引きパックスと話す、パックスは劣等感に苛まれ自殺を選ぶ、パックスとの子供を孕んだベネディクトとランドルフは王竜王国へ逃げ帰る、ザノバ一行はシャリーアへと帰還する、エリスの息子アルスが産まれるなど。

間話はパックスとランドルフの馴れそめ。

 

パウロ以降のメインキャラの死亡シーン。ここまでうまくできていたからこそ、ここのシーンが際立つ。

パックスは嫌いだったけど心情とか経緯を知ると同情せざるを得ない。パックスには悪いがパックスくらいのキャラで良かった。それ以上のキャラだと悲しすぎてつらくなるとこだった。ヒカルの碁のトラウマを繰り返すな。

七大列強の一般人枠、ランドルフ登場。CV三木眞一郎希望。

 

 

 

 

 

20巻 クリフ編

ザノバとクリフの卒業式、クリフが意を決してミリスに帰ることを決心する、ノルンとアイシャの15才の成人式、クリフ共にゼニスの故郷であるミリスへ向かうルーデウスとアイシャ、ミリスで神子と出会う、ゼニスがゼニスの母に拉致されるなど。

 

クリフもいつの間にかすごい頼もしくなった。

神子はCV石見舞菜香だと知ってその手があったかぁ~ってなった。

 

 

 

 

21巻 ゼニス編

神殿騎士団に襲われたルーデウスが逆に神子を拉致ってミリス教皇とゼニスの母を交えて交渉、ゼニスの母の真意を知り仲直りして帰還。

そしてギースがヒトガミの使徒だという置き手紙を残す。

間話ではエリスと神子の再開、テレーズのお見合い、剣神を勧誘するギース。

 

ギース裏切りで衝撃で放心状態になった。あいつが敵になるとはなぁ。敵になるとすごい厄介に思えてくる。仲間だったときはそこまで大きい存在に感じなかったのに。

テレーズのお見合い、無職転生読んでて一番笑った。こういうのひたすら書いて欲しい。シリアスがあるからこそ輝くのもあるんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

22巻 組織編

ランドルフを説得するために王竜王国へ訪れる、国内のゴタゴタを解決する、アトーフェを説得するためにエリスとロキシーと共にアトーフェと戦闘する、アトーフェを手下にする、シルフィとの息子ジークが産まれるなど。

間話は北神三世アレキサンダーを勧誘するギース。

 

着替え中のめちゃかわアイシャイラストが見れる巻。

今まであまりなかったエリスとロキシーの絡みも見れる。推しと推しが仲良く喋ってる…。しあわせ…。

 

 

 

 

23巻 青年期

嫁3人と天大陸へ旅をする、緑の髪と怪力を持って生まれたジークにサラディンという名を授けるペルギウス、ナナホシの大規模な転移魔方陣が失敗に終わるが、未来に転移してくると予想される者が来るまで待つことにする、北神を探していると紛争地帯でサラやゾルダートと再会する、魔大陸にてキシリカと再会しギースがビヘイリル王国にいると判明するなど。

間話はバーディガーディを勧誘するギース。

 

濃い巻だな。嫁3人との旅しばらくしてもらってもかまわんのだよ。

ナナホシの件もこれにて決着。数十年後は描かれるんだろうか。

バーディガーディもヒトガミの使徒と知って絶望した。まぁ裏がありそうだとは思ってたけどさ…。

 

 

 

 

 

 

24巻 青年期 決戦編 上

ビヘイリル王国でスペルド族の生き残りと暮らしていたルイジェルドと再会する、ルイジェルドに寄生していた冥王ビタと戦う、サラIF、リニアIF、アリエルIF、アイシャIF、そしてゼニスが記憶を取り戻したIFを乗り越えて冥王ビタを打倒する、クリフと共に村の疫病を治す、村に来たビヘイリル王国の使者が剣神&北神三世で谷底に落とされるなど。

間話はノルンとルーシーの話と冥王ビタとその宿敵死神ラクサスの話。

 

決闘編とはいうが、決闘はほとんどない。

IFルートはどれも魅力的でスピンオフで書いて欲しいくらい。アイシャのやつはあるらしい。近親ほにゃららで問題になって消されたらしいけど。

剣神と北神三世はまったく気付かなかった。気付ける要素はほとんどないけど。後ろから襲うとか卑怯。一気に2人とも嫌いになった。

 

 

 

 

 

25巻 青年期 決戦編 下

谷の底からアリエルの護衛である北帝ドーガと共に抜ける、総当たりが始まる、〇エリス&ルイジェルドVS剣神ガル・ファリオン×、北神三世VSデッドエンド&北神二世シャンドル(引き分け)、〇ルーデウスVS北神三世×、鬼神と手を打ち解決、かと思ったところに闘神鎧を装着したバーディガーディとギースに遭遇など。

間話は闘神鎧を取りに行く話と北神三世の心情。

 

これまた良いところで終わってしまった。

シャンドルはまぁ死んでしまうだろう。これはいい。それ以上の犠牲がありそうで怖い。せめて家族くらいは生きてて欲しい。

それと気になるところがいくつか。戦闘の途中からどこかにいってしまったロキシーはどこへ?p.125以降出てこない。死んでいたりはしないだろうけど、戦闘後にもまったく出てこないところを見るとシャリーアへと向かったとかだろうか、あるいは死神を呼びに行ったとか。全てが終わってから、しあわせな姿を見せてくれ…。

バーディガーディに関してはオルステッドもいるし、魔法大学でも一度ぶっ飛ばしているのでなんてことはなさそうだ。

 

26巻で完結するということで技神の行方や六面世界のこと、海族や無族のこと、黄金騎士アルデバランのこと、ルーデウスの子供の活躍など。気になる事がたくさんある。全部解決するんだろうか。蛇足編というものもあるらしいので、そこで語られるのか。ともあれ、どう話をたたむのかは気になるところだ。

 

 

 

 

 

 

軽い感想&メモ終わり。

 

 

 

 

整理用メモ

読みながらメモしていたことも転記しておく。

 

 

 

 

 

 

黒狼の牙メンバー 2 p.91

大まかな歴史 2 p.173

ターニングポイント1龍神、甲龍王、剣神、魔界大帝、各視点 2 p.259

世界地図 4 最初

七大列強 4 p.276

魔王一覧 22 p.244

 

 

 

七大列強

1 技神、行方不明

2 龍神オルステッド(ループ中)

3 闘神、バーディガーディ(闘神鎧)

4 魔神、ラプラス(80年後に復活)

5 死神、ランドルフラクサ(先代、冥王ビタの天敵)

6 剣神、ガル・ファリオン(現在はジノ・ブリッツ)

7 北神、カールマン二世or三世

 

 

 

 

 

 

 

歴史

 

10万年前

7つの世界と神(サイコロみたいになってる?その真ん中にヒトガミが居る?)

人神、ヒトガミ(ジンシン)

魔神、ラプラス

龍神オルステッド(100代目)、ウルペン

獣神

海神

天神

無神

 

 

 

2万〜1万年前

五龍

ペルギウス、カオス、?、?、?

龍神を倒す、人の世界のみが残る

 

1万〜8000年前

別世界から海族、獣族、天族、無族、龍族、魔族が住み着く

 

7000年前

第一次人魔大戦

 

6000年前

勇者アルスと6人の仲間vs魔界大帝と五大魔王

アルスの勝ち

 

50004200年前

第二次人魔大戦

魔界大帝(何百年かで復活)vs黄金騎士アルデバラン

バーディガーディが闘神鎧(龍神ラプラス)をヒトガミの予言により装着

ラプラスを真っ二つ(魔神と技神)、魔界大帝を殺す

 

42001000年前

アルデバランの最後の技により大陸が二つに割れ平和

 

1000年前

魔神ラプラスが魔大陸を統治

 

500400年前

ラプラス戦役

7人の英雄(龍神ウルペン、北神カールマン、甲龍王ペルギウス、ほか4人は死亡)ラプラスを封印

 

 

 

 

 

2期声優予想

それと2期に出てくるであろうキャラの声優予想。

 

 

リニア 岡咲美保 鈴代紗弓

プルセナ 羊宮妃那 伊藤彩沙

ジュリ 長縄まりあ 久野美咲

バーディガーディ

サラ 種田梨沙 MA戸松遥 豊崎愛生

スザンヌ 杉山里穂 河瀬茉希

ゾルダート

ニナ 石川由依

(敬称略)

 

 

 

男キャラわからん。男性声優に詳しくないのでそこまで思い浮かばない。ルーデウスも変わるだろうけど、変わらないで欲しいという願いも込めて予想してない。杉田は絶対に変わらないだろうなっていうところは救い。そう考えると年取っても前世の男とのギャップを演出するために声若そうだな。

 

女キャラもこれまた難しい。リニアとか井澤詩織さんで再生しちゃうけど、アニメでもう登場済みなんよな。

一応脳内再生してこれなら違和感ないかなって人を選んだ。チェンソーマンの時も思ったけど私は予想が下手なのかも知れない。声を聞いたらこの人だって分かるけど、自分からキャラに声を付けるのが難しい。

 

無職転生のアニメのキャストを見てると、声がアニメアニメしてる声優が少ない。なので自然よりな演技もできそうな人を選んだつもり。

ナナホシとかアリエルの声優、アニメではほとんど喋ってなくて、原作読んだ後に見直してみたけど、違和感なさ過ぎてびびってる。ここは2期も、制作チームの勘を信じれそう。

 

 

 

 

 

 

アニメ2期についていろいろ書いたけど、まだ放送時期も23年としか決まってない。1月からやると信じてしまっているが、10月からだってこともありえる。PVの映像は、既に12巻までのアニメーションができてるのか、PV用に書いたのか。

超期待して待ってるので続報はよ!放送時期決定と同時に26巻も発売されそうだし期待大!これからの動きも目が離せない!

全力で応援します。

 

 

 

とりあえず次はコミックのロキシーだって本気ですを読む。

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが俺のジンクスだって言って、意味ありげな行動したくなる。

 

 

 

 

 

#39 2022春アニメ評価

 

 

こんにちは、ビリーです。

今日も今日とて2022春アニメの評価をしていきます。

 

 

 

大学があと1年ってなってからは時が過ぎるのが早い…。

社会人になってもアニメ評価は書き続けているんだろうか。書いてるとしても作品すごい減ってそう。

将来のことを考えるのはよそう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評価&感想

 

SS

ARIAを神格化するために存在しているランク。消すつもりはない。

 

 

S

Sも出ず。たまにはこういうこともあるよね。

その代わりAがたんたんまりまりある。

 

 

A

まちカドまぞく

ハイテンポきららコメディ。

 

突飛なギャグも多いので音MAD素材にされがち。

 

1期の人気も納得の2期だった。シリアスもちょいちょい挟まるけど、かわいい&おもしろ&感動で見てて苦じゃない。

 

前半ですごい綺麗にまとまって終わるかと思ってびびった。6話あたりのしゃみももが話してるときに一期OP流れるとかもう最終回じゃん。しゃみももはいずれガンにも効くようになる。

 

途中から出てきたリコ君も結構好き。マスターのリコくぅぅぅんって呼び方もすき。CVの伊藤彩沙、覚えた。

 

この作品は声優の演技力が光る。SEをセルフでやるのもそうだし、シャミ子とかご先祖とかリコ君の演技がかわいいを限界突破させている。

ふと思ったけど一昔前ならシャミ子の声優福圓美里さんがやってそう。小原好美さんがあってないって訳じゃなくてね!演技の感じとか声質が良い感じにマッチしそうだなと!

 

原作の方はよく知らないけど、この人気があれば続編もできそう。最後までやってくれぇぇぇぇ!

 

OPイントロのカッカッに対する兜合わせの隠喩っていうコメントすき。あとEDサビ前のぐーるぐるもすき。

 

 

 

 

 

 

 

パリピ孔明

現代に転生した少女に協力して孔明が無双する話。

今期世間的覇権3選の一つ。

 

余りに注目されすぎたせいか終盤で肩すかし食らってる人が多いイメージ。私は死ぬほどアニメを見あさっているので、そこまでつまんないとか感じなかった。

今期アニメの数ある作品の一つに過ぎないので…。数作品しか見てないと期待して見ちゃうし、そこまで面白くないアニメを見てないからハードル上がりまくりなんだろうな。とか玄人ぶったこと言ってるけど、大多数がそっち側なので私は多分アニメの見方を間違えている。

 

話がそれたが、ストーリーについて。前半は孔明無双がわかりやすく描かれてて、新鮮だった。後半は孔明の出番が減り、主人公の子にスポットが当たり続けた。これもこれで面白かったんだけど、孔明目当ての人はつまんなかったのかも。

ラップシーンも豊富だった。スリースタイルラップがメジャーになってきているんだろうか。もっとラップアニメ増えろ。声優×ラップなんて最高になるに決まってんだから。

とはいえ私の評価としてはそこまで高くない。普通のお歌アニメの枠を出なかったかなと感じる。いやお歌アニメでAなら十分高いかも。私の中では。

 

EDの入り方めっちゃすき。知ってる曲ってのもあるんだと思う。ヒット曲のカバーも最近多いイメージ。体操ザムライの上海ハニー、D4DJのWOW WAR TONIGHTかくしごと君は天然色とか。選曲がいいね…。再燃するきっかけにもなるし、良い文化だと思う。

 

2期あってもおかしくない終わり方。世間の目は厳しいだろうけど。

私が2期に求めるものは1つ。アザリエの衣装変えんでくれ…。アザリエもう着ないって言ってたけどプロデューサー頑張って…。

 

 

 

 

 

 

魔法使い黎明期

魔法使いの成長記。

中盤から面白!ってなった作品その2。

 

序盤説明なさ過ぎてよく分かってなかったけど、分かり始めてからは結構面白い。これに関してはこの作品の前身作品である「ゼロから始める魔法の書」を見てない私が悪い。

 

キャラがえっちで魅力的。アングルも服もえっちで助かる。

胸があるキャラには胸を、胸がないキャラには脚を。グリッドマンの時から女の子キャラはそうすべきと決まっているのだ。

 

ロス先生の服ダメだろ。ハイレグは反則。ホルトも胸ぶるんぶるんさせるし、これもうたまんねぇなぁ!!

 

主人公はホルトとくっつくとばかり思っていたが、ロス先生とだとは。まだ分からんけど。ロス先生は暗殺教室のイリーナポジだと思ってたので意外。

主人公がロス先生好きだって分かってから、ロス先生すごい可愛く見えてきた。ちょこちょこしててカワイイところも、すぐ照れちゃう素直なところも、先生として頼りがいがあるところも、前まで気になってなかったのに。もしかしてコレって…恋!?!?!?

LikeからLoveになった。ホルトくん!頑張れ!君のことも応援してるぞ!

ホルトくんは語らずとも分かるデカ乳袋に目を引かれがちですが、暴虐に見せるドス黒い感情もギャップで萌える。その上、気遣いマスターだし、天然かわいいし、信念を持って復讐する偉い子だし、おっぱいデカいし、よく見ると太もももすんごいことになってるし、ヒロインとして最高なのでは!?!?!?

だめだ私には決められない。どっちも好きになっちまうぜこんなん…。今期嫁最有力候補。BIGLOVE…。

ちなみに他のゼロ先生も気が強い聖職者のお姉さんも獣族ロリもかわいいヒロインだらけ。向かうところ敵無し。

ヒロインだけでどんだけ書いてんだ私。

 

ストーリー的には飽きが来ないし、キャラの深掘りがよくできてる。胸くそ展開も多いけど、主人公陣営つよつよで大体勝つので、そこまで鬱にはならない。

 

あれ?このアニメすごい面白いのでは?

とりあえずゼロ書見てみる。

 

私の中で話題になってるだけで、過大評価かもしれん。とりあえず評価はA。

 

 

 

 

 

このヒーラー、めんどくさい

ウザかわヒーラー冒険ギャグ。

中盤から面白!ってなった作品その2。

 

最初は普通にウザかったんだけど、可愛いところを理解してからは、何をしててもかわいい不思議。たまーにある照れがいいですよね。

 

語感センスもいい。ちょっとマツタケ、よっこらセンシティブ、使いたい。他にもいろいろあったけど忘れた。

 

ツッコミもノリが良くて秀逸。生徒会役員共みたいな雰囲気ある。とても私好み。

 

カーラの声優気になって調べてみたんだけど、虹ヶ咲のぽむで驚いた。気づいてからは時々ぽむがカーラに聞こえてくる始末。癖になる。今後出てきても絶対気づける自信がある。大西亜玖璃さん、覚えた。

YouTubeに投稿されてる実写動画も実に良かった。気まずい感じ作品の雰囲気出てたわ。

 

OPの演出良かった。各回のゲストキャラをあらかじめ見せていくスタイル。ある程度進むと復習にもなる。キャラだけでも面白そうだと伝わるので途中で切った人は少なそう。

EDも癖になる。サビ後の転調で頭狂う。いい意味で。サブスクないのが残念。

 

後半に行くにつれ右肩上がりで面白くなっていった印象。このアニメの見方を心得てきたからかもしれない。

 

意外にロスが重そうな作品。2期熱望。

 

 

 

 

 

 

 

かぐや様は告らせたい3期

天才たちの学園ラブコメディ。

3期。キリが良いところで終わった。

 

続編アニメ化決定済み。映画か4期か。個人的には映画でやるなら文化祭編をやると思うので、普通に4期が始まると予想しておく。氷かぐやだけOVAとかもありそうだな…。

 

今回はこの物語の一番の山場、告白シーンが最後の最後で描かれる。厳密には告白してなかったりするが。ここからも面白いんだけど、文化祭を超える山場はなかったりする。週刊誌の方であと14話と言われていたので、最終回の山場に期待。

 

ストーリーは語るまでもなく面白いので省く。漫画が完結したら記事にするかも。

 

OPは3期が一番好き。サビ前のDADADADADA!いい。

 

原作知ってる作品の評価むずい。原作読んだときの気持ちで評価することはアニメを評価しているとは言えない。けど作品を評価するならそれでもいい。そうすると原作読んでいる作品を優遇して平等に評価することができない。どうすりゃええんじゃあああ!

 

前期の時光代理人とかに比べるとそこまでアニメが楽しみだったわけではないので評価はA。漫画で1回読んでるから仕方ないね…。

 

 

 

 

 

 

 

ラブライブ 虹ヶ咲学園 2期

王道アイドル成長物語。

王道というか覇道。

 

3人追加で12人になる。最近は中華キャラ流行ってるんだろうか。

追加組を中心に今回はユニット別でも描かれる。ユニット名忘れちゃったけどかすみんと彼方ちゃんがいるところ好き。

 

プリマジの影響(中の人つながり)もあってかすみん推し。1期の時もかすみん推しだった気がする。

あとは名言製造機、彼方ちゃん。人生何週目?悟りすぎじゃない?無防備に寝てるところえっちすぎる。

さらにウザヒーラーの声がする侑ちゃん束縛愛激重彼女面ルームメイトのぽむぽむ。キャラ濃すぎだろ。主人公の立ち位置でこんなキャラ濃いの初めてでは。

ここらへんが今回気になったキャラ。

 

曲に関してはそこまでイイってなったのはなかったけど終始かわいいし感動したのでヨシ。アイドル系アニメでいったらラブライブ!がトップオブトップ。

 

終わり方が綺麗すぎたので続編はないっぽい。今までも2期やって終わりだったので、今まで通り。来期のスーパースターが終わったらラブライブ!ラッシュ終わっちゃう…。新規IPはよ…。

 

 

 

 

 

 

であいもん

心温まる京都和菓子スローライフ

 

雰囲気が朝ドラのそれ。設定がところどころ重いところも、恋愛がちょっとドロドロしてるところも、大筋はありつつオムニバス方式で物語が進むところとか。このまま朝ドラ化しても違和感ない。こんな言っといて朝ドラ1回も見たことないんですけどね。

 

心温まるアニメは意外と少ない。クールに一本あったら良い方。こういうアニメは私に需要があるのでいっぱい作ってくれ。

 

こういうアニメは終わり方が良い感じになることが多く良質な余韻に浸れる。とはいえ2期見たいからはよはよの気持ちはある。

 

三角関係が見てて面白い。演出的にその三角にいない幼女がぶんどっていきそうだが。ちなみに私は最初に振った元カノ派。京都の女って良いよね。

 

京都の話なので発言を深読みしちゃう。お茶でも飲んできはる?とかとっとと出て行けって意味かと思っちゃう。京都は怖いね。そんなことないんだろうけど。

 

OPEDも気持ちが穏やかになってオススメ。

 

 

 

 


CUE!

新人声優成長物語。

 

好きな新人声優が出てるバフがかかっているので評価がブレそうだが、私は面白いと感じた。

アイドルアニメも増えすぎてマンネリ化してるけど、声優という要素を取り入れることで少し新鮮になってる。しかし、設定が現実的過ぎるので無茶な展開やキャラで指摘されることが目立つ。

4人組み4グループにすることでキャラを覚えずとも、グループごとのイメージだけ掴んでおけばなんとなくは見れる点も良い。個人的には声優的にもmoon組が好き。2クール目は出番多めで助かった。りえめいはいいぞ。

もしかして:中二病キャラがタイプ。

あとbird組の元気っ子が病んだ話も面白かった。キャラのギャップの描き方が上手い。

アイドルアニメあるある、好きなキャラの回だけ特別に写りがち。

 

アプリがリニューアル中とのことで、始まったら少し触ってみようかなと思えるくらいには面白かった。

 

2クール見ても飽きなかったこともあり評価は期待も込めてA。

 

追記:CUE!アプリ再開ならず…。そして活動終了…。アプリをやってなかったのでなんとも言えないが、残念。最後のライブくらい配信で見ようかな…。

 

 

 

 

 

 

SPY×FAMILY

隠し事家族の奮闘記。

世間的覇権最有力候補。

まさかこの作品が鬼滅、呪術並に跳ねるとは。面白いけども。

 

正直人気と面白さが比例してないと思う。過大評価ってやつだ。私が逆張りしてるだけかもしれない。しかし世間に受ける作品だけが面白いかはわからない。平等に面白さで評価していきたい。

 

とは言いつつ、今期トップレベルでこの作品は面白い。特に序盤中盤。

アンジャッシュを見ていた小学生の頃から私はすれ違いが好きなんだろうなと。ゲーマーズとかデュラララ!!もそんな感じ。

各声優陣の演技も良い。実力派ぞろい。アーニャの演技最高。種崎さんが一気に注目された。

 

終盤にいくにつれ勢いが衰えたかなと思う。新キャラも出なくなってマンネリ化してきた感。2期はこれを打破できるかが重要そうだ。

 

ちなみに2期(か2クール目?)は10月から。仕事が早い。楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くノ一ツバキの胸の内

男子禁制のくノ一コメディ。

 

原作持ってる。内容は言わずもがな面白い。

なのでそこ以外を今回はフューチャーする。

 

まず声優について。売れかけてる新人声優がここぞとばかりに出てくる。売れかけてるだけはあるので演技も悪くは無い。シャニ声優が4人も出てる。P必見。

しかも石見舞菜香さん、市ノ瀬加那さん、羊宮妃那さんが全員出てる。ここについてはまとめにて後述。

全体的に照れ演技が可愛い。最高。ずっと見てられる。

あとはED。各班で毎回変わる。これがまたいいんだわ。各班の特色を出しつつサビで合流する。今期、優良ED多すぎる。

 

ストックがなくて2期できないけど、ストック出来次第2期やりそうな人気だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いだけじゃない式守さん

カッコかわいい彼女と学園ラブコメ

 

Twitter4ページ漫画からの単行本化からのアニメ化。先輩がウザいがその系列かな。もっとあった気がするけど思い出せない。

Twitter発の漫画は中高生向けだから今の私が見てもキツいかもなぁって始まる時は思う。けど数話くらい見るとすぐに慣れる。

 

作画の良し悪しは正直よく分からないけど、そんな浅いオタクでも分かるくらいには作画がいい。式守さんのシーン頑張りすぎ。すごいカッコ可愛い。

 

ストーリーでは狼谷さん関連が好き。狼谷さんに共感しちゃってすごい辛かった。悔しいけど納得できる締め方で良かった。悔しいけど。

 

主人公の設定が見ていてきつい。あんハピ見てる時と同じ気持ち。やり切れない、可哀想な気持ちになる。

 

あとOPが今期一。映像と曲、そしてそれのマッチ度、全てを総合して1番。EDも癖になる。映像もリズム天国みたいですき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

乙女ゲーモブに転生して無双する物語。

タイトル詐欺。ぜんぜん厳しくない。モブTUEEEE。

中盤から面白!ってなった作品その1。

 

キャラデザが好み。EDの静止画たまらなく好き。アニメーションは時々崩れるけど、それもそれで味が出ている。

主人公は他の無双系の例に漏れずウザいが、気持ちいいくらいムカつく相手をボコボコにしてくれるのでOKです。

あとこの主人公はモブに徹するため、ヒロイン達との恋路がなかなか進まないが、原作ではどうなっているのか気になる。最後までどっちも選ばなそう。それでいい。 

あとヒロインがきゃんわいい。幸薄王道ヒロインとくっ殺貴族ヒロインが百合始めるの最高。二人ともしっかり主人公に好意を寄せてて、そこも良きポイント。マリエはいつの間にかクズから不憫かわいいになってた。

終盤のこの3人の関係が崩れかけるところも見てて面白かった。若干の胸糞。雨降って地固まるってか。

 

マシン出すのは物語上仕方ないんだろうけど、マシンアクションに興味を惹かれなかった。

 

 

 

 

 

 

 

ヒロインたるもの!

ハニワ原作三角関係ラブコメ

最終的には五角関係になる。もっと増えそう。

 

序盤はイタいアニメだと思ってたけど後半見れるようになってきた。私が慣れたのか、ストーリーがマシになったのか。

 

太眉主人公とリップリップ好きじゃない、主人公の幼なじみと黒幕メガネちゃん好き。黒幕メガネちゃん、声優パワーもあると思うが太眉があまり好きじゃないせいで全然嫌いにならなかった。

 

ストーリーが意外と面白く、そこら辺な下手な恋愛ラノベより面白い。けど人に勧める程じゃないから評価はB。

 

声優もバカみたいに人気声優をかき集めているので、群像劇っぽくしても良さそうだと思った。次回あったら是非…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本好きの下克上3期

転生少女の世直し。

ずっと律儀に下克上を続けている。この手のタイトルによくあるタイトル詐欺ではない。

 

もう3期になって、貴族関連の話になってからよく分からなくなってきた。半分くらい理解したまま見てる。

それでも勧善懲悪は見てて面白い。一応今回のでキリがいいところらしい。全てをアニメ化するとめっちゃ長いのでここでアニメは終わりかも。

 

もう見れないと思うと寂しいが、もう一度見るかと言われたら見ないかも。

初期から評価下がってそうだけどBにしておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーラーガール

私の歌を聴けぇぇぇぇ系美少女成長アニメ。

お歌の力で病気が治る世界のヒーラーのお話。改めて書くとなにこれ。

 

1話でミュージカルが肌に合わなくて無理だなーって思ってたけど、数話見てみるとキャラもいいし、テンポも良くて面白い。ミュージカルは最後まで好きにならんかったけど。

 

なんとなくだけどラブライブ!に似てると感じた。○○に似てるっていう感想は良くないかもしれないけど、私の語彙力では言葉にできなかった。デフォルメの演出とか少女達が歌に本気で取り組むところとかが似てるのかも。

 

最終話の終わり方。美しかった。1話使って後日談(?)やって主題歌フルでそのまま終わり。2期作ろうとして変な終わり方にしないあたり好感が持てる。続編やりたくてしょうがなくて、ヨシヒコとかゾンビランドサガ2期みたいになるのも好きだけど。

 

あとシャニマス声優が活躍してると親のような気持ちになって応援してしまう。何か失敗しないか心配しながら見てる。磯部花凜さんの声、唯一無二だし、売れてくれ!

 

全然関係ないけどOP、EDの入りが唐突で好きだった。

 

 

 

 

 

 

 

史上最強の大魔王、村人Aに転生する

モブに転生した魔王なろう。

 

中盤から面白くなくなっていった。既に異世界なのにさらに異世界にいった所くらいから。違うか、過去か。

 

この作品の見所は転生魔王の無双とヒロインのかわいさ&えっちさ。前者は後半にいくにつれ消えていった。後者は後半出番減った。そりゃつまらなくも感じる。

 

ヒロインについて。声優はイリーナがシャニマスにも出てる丸岡和佳奈さん、ジニーが最近注目の羊宮妃那さん。シャニマス声優のほとんどに言えることだが、あまりTVアニメに出ないのでメインヒロインとかに抜擢されると応援してしまう。めんどくさい古参ファンってやつだ。羊宮さんについては後述。

ちなみに私はジニーちゃん推し。百合もイケる、イリーナが弱気になっていると励ましてくれる、主人公にも好かれる。性格がいいタイプのサキュバス。あと何を隠そうえっっっっっち。最終回でイリーナに合法パイタッチするし、ことある度にえっちな格好してる。

 

ストーリーについては半分くらいしか理解出来ていないので割愛。割愛する程度の評価。

 

2期はなさそう。いうてこういうアニメは年に数本いや10本くらいはやってるから名残惜しくはない。

ラノベ枠ってなんで毎クール絶対あるんだろうか。THEアニメって感じだからかな。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

勇者、辞めます

魔界でのお仕事アニメ。と思いきや人造人間悲劇物語。

 

前半のお仕事を効率的に解決していくやつも好きだったし、後半の主人公サイドの話も好き。キャラが魅力的で嫌いなキャラがほぼ出てこないから見心地が良い。

俺TUEEEすぎた者の苦労ってのもあるんだなと。新しい展開。

 

最後はご都合っぽくなってしまったけどハッピーエンドだし問題なし。最終回にしてようやく始まった感がある。これからどうなるか気になる。

 

大筋のストーリーで見ると意外と話が進んでない。勇者が真に仲間になったってだけだ。長くやればやるほど面白くなりそうな作品。

 

本渡楓さんの魔王声も珍しい。こっちもイケるのか。

 

評価は悩んだけどB。最近評価がブレてきている気がしてならない。

 

 



 

 

 

処刑少女の生きる道

異世界転生百合殺し屋能力バトル。

設定だいぶ渋滞してんな。異世界転生もだいぶバリエーションが増えたものだ。

 

今期も百合が豊富だったけど一番愛が重かった。殺されたいほど愛してる…。

あと時戻しがいるのでリョナを遠慮なくぶち込める。ごちそうさまでした。

 

序盤から展開が面白くてダークホース言われてたけど、そこまで跳ねなかった印象。中盤のループバレがピークだった感。

 

激ハマりしたわけじゃないけど最後まで見たいって思う作品。ループものなので、おそらく1週目のラストとかを回想するんだけど、気になりすぎる。2期あってもおかしくないので期待しておく。

 

OPのはにゃ?が注目されがちだが、EDが普通に良い曲なので聞け。

 

 

 

 

 

 

 

盾の勇者の成り上がり

胸くそ下克上。

2期になって下克上はある程度終わって、能力バトルになってる。

 

前半の亀の話がつまんなすぎて2期になって変わったなぁと思っていたら、後半の異世界の話はなかなか面白い。

 

胸くそからのやり返しがこの作品の真骨頂である。

フィーロの胸糞シーンも良かったし、ラフタリアの拉致からの覚醒はアツかった。最後もちゃんとドン底まで気分を落とさせて欲しい。からのぶち切れナオフミが見たいんじゃ。

 

話がなかなか難しくなってきた。ラノベあるある、専門用語が多かったり、政治の話が多くて飽きる。

 

この作品は珍しく2期3期同時に制作決定している。3期も期待してるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーディウィング

女子高校ゴルフバトル。

バトルもの並にアツい。

 

最初はまた雑なスポーツものが始まったと思ってたけど、これが意外と面白い。

 

ゴルフはよく知らないけど雰囲気で楽しめる。主人公のイブが何回も同じ必殺技を叫んでくれるので否が応でも覚える。強欲のブルーバレット!実に言いたくなるセリフだ。

 

裏ゴルフで儲けていたやつが表舞台で暴れ回る。構図はワンナウツと同じか。

 

百合要素もほんのり楽しめる。ライバルで相思相愛。そして遠距離恋愛

 

高校編始まって大会の途中でブツ切りになったかと思ったらseason2が来年1月に決定済みだった。私のイメージだとそこまで知名度も人気もなかったので最初から決まっていたんだろう。

 

隠れた名作とか言われてたけど、名作という程でもない気がしてるので私からしたら隠れた作品。普通ですね。

 

とりあえずseason2に期待。

 

 

 

 

 

 

 

古見さんはコミュ障

1期と同じくアニメの演出とか作画は目を見張るものがある。

がしかし、共感性羞恥を感じてしまう。漫画の時はそんなことないんだけどなぁ。

続きやるかどうかは怪しい。やるならもちろん見る。できれば配信して欲しいな。録画して見るの面倒。

 

 

 

 

 

 

 

理系が恋をしたので証明してみた

タイトル通り。それ以上でも以下でもない。

 

見る時間なくて急いで7月下旬にまとめて見た。

 

一気見したからか思ってたより面白かった。それと原作持ってたけどストーリーでその先をやってくれたので新鮮に楽しめた。

 

1期よりヒロインの甘えが多くて可愛いのなんの。理系女子が全員こうだったらいいのにね。多分女子もそう思ってる。すいません。

 

この作品は意見が論理的で納得できる。本物の理系からみたら理系もどきなんだろうけど。

 

正直なところ、アニメも原作も惰性で見ているところがあるが、せっかくここまで買ったし最後まで付き合おうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスタブライフ グレイトエスケープ

逃がし屋コメディアクション。

 

逃げて逃げて逃げ続けてもいいんだ、ということを教えてくれる。現代社会への皮肉か風刺か…。

 

フルCGアニメも結構慣れてきた。耐性がついたのか、技術が進歩しているのか。

 

オムニバス方式で面白い回もあれば、あんまり…な回も。総じて面白い回が多い印象。1クールだし難しいのかもだけど、キャラの深掘りができればもっと面白くなったかも。

 

感動もコメディもそれなりだった。良くも悪くもオリジナルアニメといった感じだ。

 

CV長縄まりあがたっぷり楽しめる。声豚必見。脳内会議可愛すぎか?

 

もう一回見るかと言われたら多分見ないのでB。

 

 

 

 

 

社畜さんは幼女幽霊に癒されたい

タイトルまんま。

これ以上要約できん。

 

基本的には幼女幽霊たちがひたすら可愛い話。たまに感動。

 

全員可愛いし、欲しいけど子猫ちゃんが特に好き。世話焼きでたまに甘える。最高。

 

いかんせん社畜設定のため時々現実に戻されて絶望する。癒ししろを作るためにあえて社畜なんだろうか。

 

かわいいのナレーションが毎回有名声優でローテーションする。正直要らんと思った。

 

 

 

 

 

 

阿波連さんははかれない

色々ちっちゃい女の子と日常ラブコメ

 

漫画持ってたけど途中で飽きて売ってしまった。

が、アニメは楽しめた。もう原作覚えてないのと自分が買ってた先までアニメ化してくれたので新鮮に見れた。

特に終盤、付き合ってからは阿波連さんに感情が出てきて良い。アニメ版高木さん的な。

この作品も思えば高木さん系列なんだなと。三角関係とかのない日常ラブコメ。私がそれ系の作品に出会ったのが、高木さんが始めてというだけで、もっと早くからあるのかもしれない。

これらの作品の楽しみ方は爆笑するほどでもないフフッとなるギャグと恋愛要素によるドギマギを感じながら日常を享受することにあると考えているので、合わない人はとことん合わなそう。私は好きです。

長瀞さんとか宇崎ちゃんより早く始まってたイメージがあるけど、アニメ化遅れたのかな。そこらへんは分からん。

 

ラップと阿波連さんの妹弟回が特に印象に残ってる。最初は違和感のあった声もいつの間にか馴染んでた。漫画原作アニメあるある。

 

ニコニコのコメントでシロリンが出る度「何今の!?」って驚いてたニキ好き。

 

総じてリラックスして楽しめるアニメだった。評価は悩むけどAよりのB。

 

 

 

 

 

 

 

デート・ア・ライブIV

チート能力精霊女の子とデートする物語。

 

3期までと比にならないくらい面白い。というか3期までのぜんぜん覚えてない。狂三編はもちろん、カギの子話も漫画家の子の話も面白かった。この作品はデートが一番面白いのでずっとデートしててほしい。

 

ずっと前から好きだったが、狂三編始まってからさらに好きになった。まどマギでぜんいんホムラ好きになるのと同じ。コメントでツンデレがわかりやすすぎてベジータって呼ばれてた。

 

ここまで見て狂三好きにならない人居ないでしょ。

 

続編制作決定めでたい。続き楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

恋は世界征服のあとで

戦隊ものブコメ

 

キャラデザが全体的にえっち。OPとか変身シーンとか。

 

ストーリーは割と王道のドタバタラブコメ。ヒロインが照れ可愛い。相思相愛でラブラブを見せつけられる。迷わないのはいいことだ。

 

特撮もののアニメ最近増えてるけどなんでだろう。最近特撮物の人気がきてるんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C

群青のファンファーレ

ウマ息子。

走る方じゃなくて乗る方。流行に乗っかったのか、時期が被ったのか。時期が被ったにしては遅すぎるか。

 

ジョッキーとしてちゃんとスポ根展開。私にはあまりハマらなかった。作業用アニメと化していた。

 

BL色強めで見てらんないことも多かった。

 

良くも悪くも特に語ることもない。

 

 

 

 

 

RPG不動産

異世界きらら不動産編。

 

エロのステータス高めでギャグがあんまりだった。もちろんカワイイのステータスはきららなのでぶっちぎってる。

 

いかんせん私にはハマらなかったので流し見になりがちだった。えっちなシーンは巻き戻して何回も見るけど。

 

終盤のシリアスいる?きらら系のシリアスは否定派。かわいいままで居てくれ…。胸くそなストーリーは必要ない。

 

 

 

 

 

 

 

ニンジャラ

2クール見たけど、さらに続くみたいなので切る。

2クールで終わるかと思って頑張ってみていた。正直つまらんかった。

 

 

 

 

 

 

 

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

シリアス軽めのオーバーロード

オーバーロードと並べるのはオーバーロードに失礼かもしれない。

 

ここが良かった!という点が見つからない。

ヒロインのエルフがかわいいくらい。あとは俺TUEEEのお決まりの展開だったように思う。

それがクソつまんないって訳でもない。飽きてるだけだ。

OPEDは光るものがあった。OPのシャウトとEDのクセになるメロディすき。この出会いだけでもこの作品を見て良かったと思う。これだからアニメは見てみないとわからん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 


継続

カッコウの許嫁

兄弟取り違えラブコメ

マガジンらしさが良く出てる。

赤ちゃんを取り違える訳ないだろ!って感じだけど実は故意的に取り違えてるっぽい。整合性をとりに来た。

2クール目に期待。

 

サマータイムレンダ

とある孤島の時間跳躍(タイムリープ)。

別にレベル5がどうとかコイントスしたりとか能力バトルものではない。

タイムリープものに外れなし。終わり方が肝心。期待。

OPEDも雰囲気にあってて最高。

2クール目に続く。

 

アオアシ

真面目なサッカーもの。

ネットで評価高めだから期待。

 

 

ワッチャプリマジ

相変わらず最高。

今期で一番良かったまである。

 

 

ダイの大冒険

まだ終わらんのかーーーい。

終わる雰囲気だったじゃん。

でも見る。

 

 

 

 

 

 

 

切った作品

ラブオールプレー

インセクトランド

おにぱん!

キングダム4期

 

 

見れないやつ


Netflix

TIGER&BUNNY 2期

ゼロの日常

テルマエ・ロマエ ノヴァエ

ULTRAMAN2期

極主夫道2期

攻殻機動隊2期

コタローは一人暮らし

 


ディズニー+

ダンス・ダンス・ダンスール

ブラックロックシューター2期

 

 

 

その他

一騎当千

オルフェンズ特別編

八十亀ちゃん4期

じゃんたま

 

 

切った作品わんさかあるね。ネトフリ、ディスニー+も必須級になるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MVS

くノ一ツバキの胸の内 ED「あかね組活動日誌」

可愛いだけじゃない式守さんOP「ハニージェットコースター」

かぐや様は告らせたい3期OP「GIRIGIRI」

カッコウの許嫁OP「凸凹」

SPY×FAMILY OP「ミックスナッツ」

SPY×FAMILY ED「喜劇」

エスタブライフ グレイトエスケープOP「ラナ」

サマータイムレンダOP「星が泳ぐ」

バーディウィングOP「Venus Line」

このヒーラー、めんどくさいED「HERO in HEALER」

 

今期良曲めちゃ多い。とはいえ絶対にコレ!というのがないのも特徴。強いて言えばハニージェットコースターが一番かな。特別賞であかね組活動日誌。12バージョンあるけど全部好き。こういう曲増えてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は飛び抜けて面白い作品はなかったが、平均点が高いように感じた。

特に中盤から化けた作品が多かった。最初のハードルが低いと面白いと気付ける。

 

今回は特に評価に悩んだ。悩んで悩んで評価してるので数ヵ月後にやったらまた変わりそう。しかしこれも一興ということで。

S以外は甘めにつけてる。Sはほぼ確実に2週目をする作品群なので譲れない。Aは2週目おそらく無理だろうな、とS評価一覧を見て思う。なんかきっかけがあれば見ると思うけど。

 

Sが多いのが豊作というなら今期は豊作ではないが、平均的な評価が高いという意味では豊作。難しいな。

 

それと今回は声優についていろいろ語りたい。

まず、くノ一ツバキの胸の内や魔法使い黎明期に出演していた鈴代紗弓さんのおバカキャラ演技について。めっちゃ良くないですか!?魔法使い黎明期贔屓が過ぎるかもしれないが、ホルトの演技すんごい好き。水瀬いのりさんみたいな技術面でも上手さを感じた。それがキャラを数倍魅力的にさせてる。今後も期待大。

 

続いて石見舞菜香さん、市ノ瀬加耶さん、羊宮妃那さんについて。私は幸薄ヒロイン声と呼ばれがちなこの3人の聞き分けがつい最近まで出来ていなかった。御三方には申し訳ない。しかしよくよく聞いてみるとそれぞれに特徴があり、聞き分けができるようになった。それを今回は語ろう。

石見舞菜香さんはいわばスタンダード。他のふたりと比べて平均をゆく。王道ヒロイン声。

市ノ瀬加那さんは石見さんから声を少し低くして卑屈感を出した感じ。クール系や皮肉を言うタイプに多いと感じた。

羊宮妃那さんは石見さんから声をさらに高くして超清楚にした感じ。緊張しいなキャラやおっとり系が合うかも?羊宮さんについてはまだまだデータが少なくこれから役の幅に期待できるところ。

聞き分けという点でこれらの差があることが分かった。あくまで全て私の偏見であり感想。一端のオタクとして分析めいたことをしてみた。気に食わなかったらすみません。

 

さらに今回は気になる声優を何人か見つけた。というか名前しか知らなかった人たちが声も一致するようになった、という感じ。

大西亜玖璃さんのうざカワで良い意味で棒演技なボイスと伊藤彩沙さんの関西弁でイントネーションがカワイイボイス。詳しくは各作品で前述しているので割愛。

 

最後にちょこっと富田美憂さんと長縄まりあさんについて。長縄まりあさんがエスタブライフグレイトエスケープにて、今まで私が聞いた事のないようなキャラを演じられていた。長縄さんにあんなポテンシャルがあったとは…。そしてそれが富田美憂さんと役柄が被るのでは、と感じた。生意気な後輩系キャラ。まさかこの2人の役柄が被って見えるとは。私はアニメを享受する側の一般人なので何も分からないが、オーディションで役を奪い合うこともあるんだろうか。と妄想してみたり。

 

といった感じで今回は随分と声優に寄ったまとめとなった。たまにはこんな回があってもいいだろう。声優推しのオタクは常日頃こんなことを考えているのだ。

 

 

 

 

そんな感じで2022春アニメ評価は終わります。

社会人になるまでのタイムリミットがもう一年を切っており、絶望と焦燥感と不安に押しつぶされそうですが、アニメをあと9ヶ月、アニメを見て癒やされていきたい。

その後はおそらく見れる作品も両手で数えれるくらいになるとは思うので…。しかも他に趣味とかできちゃったらもう、いよいよだ。

社会人になる前にそこら辺の基準やルールを決めておきたい。毎クール5本以上は見るとか。もっと欲張っても良いかも。10本以上イケるか…?

 

 

 

それでは、また。来期の評価でお会いしましょう。

 

次の記事はおそらく無職転生のことについて書くと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なげかわっ!(^_-)-☆

 

 

#38 シャニマス4thライブ セトリ予想

 

 

 

こんにちはビリーです。

今回は初めてのセトリ予想。

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 4thLIVE 空は澄み、今を越えて。」

シャニマスは曲少ないし、予想しやすそう。

 

 

シャニマス4thライブ両日現地チケット当たったので気合い入れていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去ライブのセトリ

 

まず今までのライブから傾向を学ぶ。ニコニコ大百科アイマス公式より引用。

 

 

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY

Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ
ヒカリのdestination / イルミネーションスターズ
虹になれ / イルミネーションスターズ
バベルシティ・グレイス / アンティー
幻惑SILHOUETTE / アンティー

朗読劇 / シャイニーカラーズ

夢咲きAfter school / 放課後クライマックスガールズ
太陽キッス / 放課後クライマックスガールズ
アルストロメリア / アルストロメリア
ハピリリ / アルストロメリア

朗読劇 / シャイニーカラーズ

SNOW FLAKES MEMORIES / シャイニーカラーズ
Let's get a chance / シャイニーカラーズ

 

【アンコール】

Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ
Ambitious Eve / シャイニーカラーズ ※新曲初披露
Multicolored Sky / シャイニーカラーズ

 

 

 

 

 

ランティス祭り 2019

 

Ambitious Eve / アイドルマスター シャイニーカラーズ

Spread the Wings!! / アイドルマスター シャイニーカラーズ

 

シャニマス部分のみ抜粋。

 

 

 

 

 

アソビストア presents THE IDOLM@STER SHINY COLORS SUMMER PARTY 2019

 

 

昼公演

Spread the Wings!! / 全員

シャニラジ公開録音
朗読劇『しゃにますミニ劇場』
初島・熱海VTRクイズ企画

虹になれ / イルミネーションスターズ
We can go now! / イルミネーションスターズ
幻惑SILHOUETTE / アンティー
NEO THEORY FANTASY / アンティー
Wandering dream chaser / ストレイライト
Ambitious Eve / 全員
いつか Shiny Days / 全員

 


夜公演

Spread the Wings!! / 全員

シャニラジ公開録音
朗読劇『しゃにますミニ劇場』
初島・熱海VTRクイズ企画

ハピリリ / アルストロメリア
Bloomy! / アルストロメリア
太陽キッス / 放課後クライマックスガールズ
ビーチブレイバー / 放課後クライマックスガールズ
Wandering dream chaser / ストレイライト
Ambitious Eve / 全員
いつか Shiny Days / 全員

 

 

 

 

 

バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル


ヒカリのdestination / イルミネーションスターズ
アルストロメリア / アルストロメリア
夢咲きAfter school / 放課後クライマックスガールズ
バベルシティ・グレイス / アンティー
Wandering Dream Chaser / ストレイライト

 

シャニマスのみ抜粋。

 

 

 

 

 

アイドルマスター シャイニーカラーズ 283プロダクション プロデューサー感謝祭 ~1.5 Anniversary Festival!!~

 

Ambitious Eve / 全員

#祝シャニマス 思い出エピソード紹介
インフォメーションレター 感謝祭特別編
プロデューサークイズ祭

We can go now! / イルミネーションスターズ
NEO THEORY FANTASY / アンティー
ビーチブレイバー / 放課後クライマックスガールズ
Bloomy! / アルストロメリア
Wandering Dream Chaser / ストレイライト
Spread the Wings!! / 全員

 

それぞれユニット前に朗読劇。

 

 

 

 

 

 

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS MUSIC DAWN

 

DAY1

Wandering Dream Chaser / ストレイライト
Destined Rival / ストレイライト
NEO THEORY FANTASY / アンティー
幻惑SILHOUETTE / アンティー
Bloomy! / アルストロメリア
ハピリリ / アルストロメリア
ビーチブレイバー / 放課後クライマックスガールズ
太陽キッス / 放課後クライマックスガールズ
We can go now! / イルミネーションスターズ
虹になれ / イルミネーションスターズ
いつだって僕らは / ノクチル
あの花のように / ノクチル
SWEET♡STEP / 近藤玲奈礒部花凜八巻アンナ白石晴香、幸村恵理、田嶌紗蘭
Let's get a chance / 峯田茉優、成海瑠奈、涼本あきほ黒木ほの香岡咲美保
SNOW FLAKES MEMORIES / 菅沼千紗永井真里子、芝崎典子、田中有紀、和久井優
FUTURITY SMILE / 関根瞳、結名美月、丸岡和佳奈、前川涼子北原沙弥香、土屋李央
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(キャスト全員)
シャイノグラフィ / シャイニーカラーズ

 


DAY2

Hide & Attack / ストレイライト
Transcending the World / ストレイライト
バベルシティ・グレイス / アンティー
ラビリンス・レジスタンス / アンティー
アルストロメリア / アルストロメリア
Love Addiction / アルストロメリア
夢咲きAfter school / 放課後クライマックスガールズ
よりみちサンセット / 放課後クライマックスガールズ
ヒカリのdestination / イルミネーションスターズ
トライアングル / イルミネーションスターズ
いつだって僕らは / ノクチル
あの花のように / ノクチル
SWEET♡STEP / 近藤玲奈礒部花凜八巻アンナ白石晴香、幸村恵理、田嶌紗蘭
Let's get a chance / 峯田茉優、成海瑠奈、涼本あきほ黒木ほの香岡咲美保
SNOW FLAKES MEMORIES / 菅沼千紗永井真里子、芝崎典子、田中有紀、和久井優
FUTURITY SMILE / 関根瞳、結名美月、河野ひより、丸岡和佳奈、前川涼子北原沙弥香
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ
シャイノグラフィ / シャイニーカラーズ

 

 

MCで社長とはずきさんが登場。

 

 

 

 

 

 

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 2ndLIVE STEP INTO THE SUNSET SKY

 

DAY1

Ambitious Eve / シャイニーカラーズ(全員)
シャイノグラフィ / シャイニーカラーズ
いつだって僕らは / ノクチル
あの花のように / ノクチル
Love Addiction / アルストロメリア
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
よりみちサンセット / 放課後クライマックスガールズ
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
ラビリンス・レジスタンス / アンティー
Black Reverie / アンティー
Transcending The World / ストレイライト
Hide & Attack / ストレイライト
トライアングル / イルミネーションスターズ
Twinkle way / イルミネーションスターズ

 

【アンコール】

Dye the sky. / シャイニーカラーズ
いつか Shiny Days / シャイニーカラーズ
Multicolored Sky / シャイニーカラーズ
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ

 

 


DAY2

Ambitious Eve / シャイニーカラーズ(全員)
シャイノグラフィ / シャイニーカラーズ
いつだって僕らは / ノクチル
あの花のように / ノクチル
Bloomy! / アルストロメリア
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
ビーチブレイバー / 放課後クライマックスガールズ
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella
リフレクトサイン / Team.Luna
SOLAR WAY / Team.Sol
NEO THEORY FANTASY / アンティー
Black Reverie / アンティー
Wandering Dream Chaser / ストレイライト
Hide & Attack / ストレイライト
We can go now! / イルミネーションスターズ
Twinkle way / イルミネーションスターズ

 

【アンコール】

Dye the sky. / シャイニーカラーズ
いつか Shiny Days / シャイニーカラーズ
Multicolored Sky / シャイニーカラーズ
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 3rdLIVE TOUR PIECE ON PLANET

 

名古屋公演

DAY1

ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella
SOLAR WAY / Team.Sol
リフレクトサイン / Team.Luna
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(全員)
Twinkle Way / イルミネーションスターズ
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
Black Reverie / アンティー
Hide & Attack / ストレイライト
いつだって僕らは / ノクチル
純白トロイメライ / アンティー
Anniversary / アルストロメリア
あの花のように / ノクチル
星をめざして / 田中有紀
過純性ブリーチ / 永井真里子
誰ソ彼アイデンティティー / 菅沼千紗
わたしの主人公はわたしだから! / 田嶌紗蘭
Destined Rival / ストレイライト
学祭革命夜明け前 / 放課後クライマックスガールズ
Happy Funny Lucky / イルミネーションスターズ
Multicolored Sky / 全員

【アンコール】

Resonance⁺ / 全員
Ambitious Eve / 全員
シャイノグラフィ / 全員

 


DAY2

ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella
SOLAR WAY / Team.Sol
リフレクトサイン / Team.Luna
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(全員)
Twinkle Way / イルミネーションスターズ
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
Black Reverie / アンティー
Hide & Attack / ストレイライト
いつだって僕らは / ノクチル
純白トロイメライ / アンティー
Anniversary / アルストロメリア
あの花のように / ノクチル
ハナマルバッジ / 河野ひより
スローモーション / 近藤玲奈
千夜アリア / 八巻アンナ
また明日 / 前川涼子
Destined Rival / ストレイライト
学祭革命夜明け前 / 放課後クライマックスガールズ
Happy Funny Lucky / イルミネーションスターズ
Multicolored Sky / 全員

【アンコール】

Resonance⁺ / 全員
Ambitious Eve / 全員
シャイノグラフィ / 全員

 

 

 

 

 

東京公演

DAY1

リフレクトサイン / Team.Luna
ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella
SOLAR WAY / Team.Sol
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(全員)
Twinkle Way / イルミネーションスターズ
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
Black Reverie / アンティー
Hide & Attack / ストレイライト
いつだって僕らは / ノクチル
純白トロイメライ / アンティー
Anniversary / アルストロメリア
あの花のように / ノクチル
SOS / 幸村恵理
常咲の庭 / 丸岡和佳奈
Sweet Memories / 黒木ほの香
夢見鳥 / 土屋李央
Destined Rival / ストレイライト
学祭革命夜明け前 / 放課後クライマックスガールズ
Happy Funny Lucky / イルミネーションスターズ
Multicolored Sky / 全員

【アンコール】

Resonance⁺ / 全員(SHHis含む、以降同じ)
Color Days / 全員
Dye the sky. / 全員

 

DAY2

リフレクトサイン / Team.Luna
ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella
SOLAR WAY / Team.Sol
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(全員)
Twinkle Way / イルミネーションスターズ
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
Black Reverie / アンティー
Hide & Attack / ストレイライト
いつだって僕らは / ノクチル
純白トロイメライ / アンティー
Anniversary / アルストロメリア
あの花のように / ノクチル
Damascus Cocktail / 涼本あきほ
あおぞらサイダー / 岡咲美保
プラスチック・アンブレラ / 成海瑠奈
ありったけの輝きで / 関根瞳
Destined Rival / ストレイライト
学祭革命夜明け前 / 放課後クライマックスガールズ
Happy Funny Lucky / イルミネーションスターズ
Multicolored Sky / 全員

【アンコール】

Resonance⁺ / 全員(SHHis含む、以降同じ)
Color Days / 全員
Dye the sky. / 全員

 

 

 

 

福岡公演

DAY1

SOLAR WAY / Team.Sol(+紫月杏朱彩)
リフレクトサイン / Team.Luna
ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella(+山根綺)
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(全員)
Twinkle Way / イルミネーションスターズ
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
Black Reverie / アンティー
Hide & Attack / ストレイライト
いつだって僕らは / ノクチル
純白トロイメライ / アンティー
Anniversary / アルストロメリア
あの花のように / ノクチル
Going my way / 北原沙弥香
statice / 和久井優
アポイント・シグナル / 礒部花凜
Darling you! / 芝崎典子
Destined Rival / ストレイライト
学祭革命夜明け前 / 放課後クライマックスガールズ
Happy Funny Lucky / イルミネーションスターズ
OH MY GOD / SHHis
Multicolored Sky / 全員

【アンコール】

Color Days / 全員
Resonance⁺ / 全員

 


DAY2

SOLAR WAY / Team.Sol(+紫月杏朱彩)
リフレクトサイン / Team.Luna
ラニスフィア ~planisphere~ / Team.Stella(+山根綺)
Spread the Wings!! / シャイニーカラーズ(全員)
Twinkle Way / イルミネーションスターズ
ダブル・イフェクト / アルストロメリア
五ツ座流星群 / 放課後クライマックスガールズ
Black Reverie / アンティー
Hide & Attack / ストレイライト
いつだって僕らは / ノクチル
純白トロイメライ / アンティー
Anniversary / アルストロメリア
あの花のように / ノクチル
チョコデート・サンデー / 白石晴香
HAREBARE!! / 峯田茉優
雪・月・風・花 / 結名美月
Destined Rival / ストレイライト
学祭革命夜明け前 / 放課後クライマックスガールズ
Happy Funny Lucky / イルミネーションスターズ
OH MY GOD / SHHis
Multicolored Sky / 全員
なんどでも笑おう / 全員

【アンコール】

Color Days / 全員
Resonance⁺ / 全員

 

 

 

 

 

 

 

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 283フェス 2021 Happy Buffet!

 

DAY1

1 Color Days (CD)
2 SWEET♡STEP (CD)
3 千夜アリア (CD)
4 誰ソ彼アイデンティティー (CD)
5 HAREBARE!! (CD)
6 Darling you! (CD)
7 また明日 (CD)
8 雪・月・風・花 (CD)
9 OH MY GOD (CD)
10 Fly and Fly (CD)
11 Love Addiction (CD)
12 パステルカラー パスカラカラー (CD)
13 Sweet Memories (CD)
14 ありったけの輝きで (CD)
15 デビ太郎のうた
16 PRISISM (CD)
17 トライアングル (CD)
18 abyss of conflict (CD)
19 バベルシティ・グレイス (CD)
20 FUTURITY SMILE (CD)

 

 

DAY2


1 シャイノグラフィ (CD)
2 Ambitious Eve (CD)
3 過純性ブリーチ (CD)
4 星をめざして (CD)
5 Damascus Cocktail (CD)
6 わたしの主人公はわたしだから! (CD)
7 ハナマルバッジ (CD)
8 SOS (CD)
9 statice (CD)
10 あの花のように (CD)
11 僕らだけの未来の空 (CD)
12 Fly and Fly (CD)
13 OH MY GOD (CD)
14 チョコデート・サンデー (CD)
15 あおぞらサイダー (CD)
16 Going my way (CD)
17 夢見鳥 (CD)
18 絶対正義 EVERY DAY
19 Transcending The World (CD)
20 Another Rampage (CD)
21 クライマックスアイランド (CD)
22 五ツ座流星群 (CD)
23 いつか Shiny Days (CD)

 

 

 

 

 

 

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS Xmas Party -Silent night-

 

DAY1

SNOW FLAKES MEMORIES / 全員
Destined Rival / ストレイライト
Timeless Shooting Star / ストレイライト
ハピリリ / アルストロメリア
ラブ・ボナペティート / アルストロメリア
ヒカリのdestination / イルミネーションスターズ
スマイルシンフォニア / イルミネーションスターズ
いつだって僕らは / ノクチル
今しかない瞬間を / ノクチル
Let's get a chance / 全員

 

 

DAY2

SNOW FLAKES MEMORIES / 全員
夢咲きAfter school / 放課後クライマックスガールズ
拝啓タイムカプセル / 放課後クライマックスガールズ
幻惑SILHOUETTE / アンティー
革命進化論 / アンティー
OH MY GOD / シーズ
Fly and Fly / シーズ
Multicolored Sky / 全員
【終演後、新曲】神様は死んだ、って / 川口莉奈

 

ライブ前にバラエティコーナーと朗読劇実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統計

上記のセトリの統計を取った。リリイベ、ソロ曲は含まず。

 

 

 

全体曲+α


「Spread the Wings!!」、「Multicolored Sky」はデレで言う「おねがいシンデレラ」みたいなものだからひとまず置いておいて、それ以外はほぼ均等。

4thは順当に5週目の全体曲(+「Spread the Wings!!」)になりそう。

 

 

 

 

 

ユニット

初期組はほぼ同じ図になった。3rdはツアーで6回ライブを行ったので3週目の曲が多い。

セトリ見てると〇週目の〇曲目まで同じパターンがほとんどだったので、初っ端のユニット曲で初期組のユニット曲は予想できそう。

周年ライブも時期がズレた2ndを除きA面B面を揃えてきてるので、4thは4週目の2曲と予想。

 

 

 

 

 

 

ストレイ、ノクチルも上に同じく3rdライブの影響で多めになってる曲がある。

ノクチルに至っては驚異の11曲。ノクチル出てからライブが多すぎ問題。

4thは一曲しか歌ってない2曲と予想。

 

 

 

 

 

 

シーズも意外と歌ってる。「夢咲きAfter school」より歌ってるってマジ!?

4thはこの2曲と予想。予想というかこれしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画予想

全体曲、ユニット曲以外の企画を予想します。

周年ライブだし何かしてくれるはず。

 

 

 

ユニットコラボ曲

確実にやるやつ。120%やる。

タイミング的にもそうだし、HPのキービジュアルもユニットごとになってる。

これを軸にしたライブであることは容易に予想できる。

 

 

 

 

 

 

曲シャッフル

ソロ曲およびユニット曲を歌うメンバーを入れ替える。

これは振り返り生放送でPからの要望として紹介されており、今回のライブではやらないと考えられる。演者もやりたいって言ってたし、いずれあるかも?

 

 

 

 

 

 

SHHisソロ曲

七草にちか、緋田美琴のソロ曲をサプライズ歌唱。

斑鳩ルカですらソロ曲(?)があるのにシーズの二人だけないのは不平等。

歌唱はなくとも、告知で制作決定とかはありそう。

 

 

 

 

 

SHHis+斑鳩ルカ

シーズに斑鳩ルカ参入。あるいは緋田美琴+斑鳩ルカで昔のユニットの再現とか。

既存曲は完全に二人での歌割りができてしまっているので難しそう。でもできないことはない。

もし参入しても、斑鳩ルカはシーズ曲の雰囲気にあってると感じるので、すんなり慣れそう。「神様は死んだ、って」の世界観も良いけど!

このまま斑鳩ルカ放置はかわいそうなので、何かしらで登場させて欲しい。

 

 

追記

ファン感謝祭、今更ながら読んだ。

シーズ(283プロ)を恨んでるっぽい斑鳩ルカがシーズに加わることはあり得るのか?

ルカ加入で美琴がさらに置いてけぼりになる or にちかとルカが足手まといになるのでは?

メタ的な視点だと出番多いから加入ありそう。なかったらただのにちかの踏み台…。

 

 

さらに追記

シーズのインタビュー動画にて、「2人の関係性」という質問があった。

シーズではなく2人という言葉を用いたのは、将来3人になるからその時見返した人が混乱しないように講じた措置では?

他のユニットはノクチルとかアルストロメリアとかユニット名を出していたので、シーズだけユニット名を避けたことに疑問が残る。

一方、インタビューで紫月杏朱彩さんが相棒のように背中を預けれる関係になりたいと仰っていたので、このまま2人で活動していくとも考えられる。

そうなると上記の件は考えすぎ。

考えすぎて訳分からなくなってきた。

 

 

最後の追記

川口莉奈さんが両日別の舞台への出演が決まっていたので、この件は解決しました。

 

 

 

八雲なみ

大穴。伝説のアイドル八雲なみの再来。

ストーリーでは引退してるっぽいし、辻褄合わせが大変そう。

緋田美琴+斑鳩ルカで合わせるなら、七草にちか+八雲なみもありかも?

実質シーズ解散になっちゃうし、可能性は限りなく薄いか。

 

 

 

 

 

 

 

朗読劇

ユニット越境朗読劇からのユニットコラボ曲とか。

雰囲気たっぷりのライブなので朗読はあってもおかしくない。

感謝祭とかパーティとかのお祭り感の強いイベントに取っておきそうな気もする。

 

 

 

 

 

 

 

ゲストMC

MUSIC DAWNの二番煎じ。

津田健次郎さんが感想言ってくれるの新鮮で面白かったので是非もう一度...。

社長はずきさん以外は思いつかない。

善村良子、阿久井徳次郎、アニメシャニPの声優とか?

知らん人出てきても盛り上がらなそうなので、出てくるとしたら社長、はずきさんと予想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セトリ予想

L@YEREDシリーズはそれぞれライブでの歌唱は一曲ずつと温存しているので、これは歌われるだろう。予想しやすくて助かる。

順番も曲の雰囲気に合わせて考える。曲数はだいたい20曲前後。

 

 

 

 

パターン1

  1. Daybreak Age
  2. MC
  3. スマイルシンフォニア
  4. PRISISM
  5. パステルカラー パステルカラー
  6. ラブ・ボナペティー
  7. Secret utoplA
  8. OH MY GOD
  9. Fly and Fly
  10. MC
  11. クライマックスアイランド
  12. 拝啓タイムカプセル
  13. 相合学舎
  14. 僕らだけの未来の空
  15. 今しかない瞬間を
  16. MC
  17. abyss of conflict
  18. 革命進化論
  19. Killer×Mission
  20. Timeless Shooting Star
  21. Another Rampage
  22. MC
  23. Resonance+
  24. 虹の行方(アンコール)
  25. Spread the Wings!!(アンコール)

 

順当にいけばこんな感じかな。

MCでユニットコラボ曲について話すみたいな。

 

 

 

 

 

 

パターン2

  1. Secret utoplA
  2. 相合学舎
  3. Killer×Mission
  4. MC
  5. クライマックスアイランド
  6. 拝啓タイムカプセル
  7. 僕らだけの未来の空
  8. 今しかない瞬間を
  9. MC
  10. abyss of conflict
  11. 革命進化論
  12. Timeless Shooting Star
  13. Another Rampage
  14. MC
  15. パステルカラー パステルカラー
  16. ラブ・ボナペティー
  17. PRISISM
  18. イルミネ新曲
  19. MC
  20. OH MY GOD
  21. にちかソロ曲
  22. 美琴ソロ曲
  23. Fly and Fly
  24. 虹の行方(アンコール)
  25. Daybreak Age(アンコール)

 

 

新曲なんかしらやって欲しくて考えたセトリ。

シーズ優遇されてる気がするけど許して。

 

 

 

 

パターン1が60%、パターン2が40%くらいの気持ち。

「空は澄み、今を越えて。」と銘打ってるし、新曲で雰囲気破壊する感じじゃないとも思う。

けど周年だしサプライズして欲しい気持ちもある。

 

 

 

 

 

 

その他

告知について

新キャラはPANOR@MAシリーズのジャケ写にいなかったのでなしと予想。

虹の色ももう無いし…。

 

待望のシーズシナリオイベント。冒頭少しだけ見せるとかありそう。

 

4th生配信でS.T.E.P.とかトワコレとか大きめの告知してて予想できない。というより私がにわかだからよく分かってない。

 

 

 

 

 

振り返り生配信について

生配信で山根綾さんが新曲頑張りますって言っていた。

言い間違いか、ソロ曲かシーズ新曲期待していいのか。

 

関根瞳さんと前川涼子さんがまだ斑鳩ルカ役の川口莉奈さんと会ったことないとのこと。

レッスンでも会っていないなら4thライブは出番なしかも。

リハで初合わせの可能性もあるので期待はしておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

セトリ予想してみたけど、こんなに書くほどの内容でもなかったような…。

普通にL@YEREDシリーズとユニットコラボの曲が中心になりそう。

しかし予想通りならドヤれるし、予想が外れても新鮮な反応ができるので、どっちに転んでも得。

それにシャニライブの歴史を振り返る良い機会だった。

 

 

個人的にはラブ・ボナペティートとColor Daysが聴けたら御の字。

声優に関しては丸岡和佳奈さんのマチョの仕上がりと希水しおさんの初パフォーマンスが気になる。

 

 

現地特有の熱を存分に浴びたい。

ライブまであと少し...。

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え合わせ

Day1

 

1 Spread the Wings!!
2 Ambitious Eve
3 abyss of conflict
4 革命進化論
5 Another Rampage
6 Timeless Shooting Star
7 Killer×Mission
8 パステルカラー パスカラカラー
9 ラブ・ボナペティー
10 OH MY GOD
11 Fly and Fly
12 PRISISM
13 スマイルシンフォニア
14 Secret utopIA
15 僕らだけの未来の空
16 今しかない瞬間を
17 クライマックスアイランド
18 拝啓タイムカプセル
19 相合学舎
20 Resonance⁺
21 シャイノグラフィ
22 虹の行方
 

 

 

 

Day2

 

1 Dye the sky.
2 Color Days
3 パステルカラー パスカラカラー
4 ラブ・ボナペティー
5 OH MY GOD
6 Fly and Fly
7 PRISISM
8 スマイルシンフォニア
9 Secret utopIA
10 僕らだけの未来の空
11 今しかない瞬間を
12 クライマックスアイランド
13 拝啓タイムカプセル
14 相合学舎
15 abyss of conflict
16 革命進化論
17 Another Rampage
18 Timeless Shooting Star
19 Killer×Mission
20 Multicolored Sky
21 いつか Shiny Days
22 Daybreak Age
 

 

 

 

coming soon…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Timeless Shooting Starのイントロ、3部(か5部)処刑用BGMに似てねって思って聞いてみたけどあんま似てない。

 

 

 

 

 

#37 デレマス10th ツアーファイナル Day2

 

 

こんにちは、ビリーです。

デレ10thすごかったので感想を軽く。

 

 

 

全曲を紹介すると果てしないので気になった曲だけ。

 

 

まずO-Ku-Ri-Mo-NoSunday。

3曲目!はやい!

1日目居なかったし、さすがに来るとは思ってたけど早いね!しかも人気5位!

改めて久川姉妹の人気と曲の良さを確認できた。

初めてのデレライブで立花日菜さんを見てから約3年...。貫禄もでてきたんじゃない?

今回はウインクを凪のようにあえて下手にやってみたとか。そこまで考えてるのすごいね。そして下手ウインクでもかわいいね。

生のライブでも早口?セリフを歌えるのすごい。練習いっぱいしたんだろうなぁ。(後方彼氏面)

あと肩だし衣装。かわいいいいい!!!立花日菜さんの露出は珍しいかも?

今回のライブで個人的MVPです。好き!

 

 

次はレッド・ソール。

デレステに実装してから好きだったこの曲。

イントロからのつかさ社長の入り好き。あぁ~ってやつ。色気たっぷり。

バーで聴きたい曲1位。こういう曲が似合う私になりたい。

ダンスも扇情的でいいよね。セクシー。

専用衣装作って欲しい!赤と黒のドレスとか!

 

 

 

夜20時過ぎのJoker。

これもデレステでのお気に入り曲。

イントロすき、Aメロすき、Bメロすき、サビすき、全部好き。

今回は大人風味。みくにゃん見たかった...。けどこれはこれで良し。

相変わらず和氣あず未さん顔が良い。ウマとアフレコで忙しそうな所ありがとうございます。1回でも出てくれるだけで救われる人たちがどれだけいることか。

 

 

次はTRUE COLORS。

新キャラ組。実装してからもう3年。感慨深い。

みんなだいぶライブ慣れしてる。パフォーマンスに安定感がある。

デレマスでキャラが実装するのはもうしばらくなさそうだし、ずっと新キャラってくくりで出されるんだろうなぁ。どっちがいいのか分からんけど。

この7人で曲出してくれんかのぅ...。

 

 

 

 

次はこいかぜ。

この曲があることを知ってアーカイブを買うことを決意した。

伝説のライブたり得る理由。

早見さんの圧倒的な歌唱力よ。息が白くなってるのも演出とかじゃないと思うけど雰囲気出てて良き。

あとTwitterで話題になってた楓P。歌終わりの引きのカメラが楓うちわを持って泣くPを映してた。見てるこっちも感情があふれちゃうね。

頻繁にやると希少価値がなくなってしまうのでたまに見たいという気持ちと、楓っぽくない歌とか歌ってみて欲しいから頻繁に出て欲しい気持ちが戦ってる。現実的に考えるとそんな出れないだろうけど。

 

 

 

 

オウムアムアに幸運を。

これも私がライブに行き始めてから始まった企画曲なので思い入れがある。

アニメ化衝撃だったやつ。

今回は3人だったけどいつか5人揃わないかな…。しゅがは…。

個人衣装のちとせ嬢がすき。

 

 

 

Tulip

初めて全員揃ってるところを見た。シブヤノオトでは見たことあるけど…。

全員揃うと迫力があるね。ユニット人気も個人人気もある最強のユニット。

しかも生バンド。強いに決まっておろう。

生で聴きたかった。

 

 

 

Brand new!

曲投票4位!そんな人気なんだ!

前々回のボイスオーディション組。全員ノリノリ。

富田美憂さんと河瀬茉希さんの歌唱力、かっこよさに挟まれる梅澤めぐさんの可愛さ。バランス取れてるな。

キャッチーな曲調でコーレス楽しそう…。

いずれ生で見せてくれ…。

 

 

 

曲についてはこの辺で。

 

 

我が担当蘭子について。

今回は来ませんでしたね…。はめふらイベントが両日被ってしまっていたので仕方なし。

とはいえ1人で5分くらいMCしてくれたのでいい方かも。さすがに長くて蘭子P以外はどう思ってるんだろうって心配になっちゃった。

次回は来て欲しい!関東圏内で!

あとデレステにソロ曲2曲目早く実装して!

 

 

 

しゅがはについて。

これはもうお察しかもしれないが今回も不参加。

花守ゆみりさんはもう出る気がないんだろうか。もう1回くらい見たかったなぁ。

たまたまスケジュールが合わなかった可能性もあるけど、ここまで来ると何回かは断ってるはず。価値観の違い。

1度でいいからしゅがはのパフォーマンスが見たい…。お願いします…。

 

 

 

 

河瀬茉希さん。

今回1番出番が多かった。多分。

有観客ライブにことごとく嫌われ、今回が初めての有観客だったらしい。そりゃあこの高待遇でも納得!

出番多いのにどの曲でも手を抜かずいいパフォーマンスだったように思う。すごい。イケボ、イケダンス。

これからも頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

今回のライブは100曲やったし、出演者も豪華だし、デレマスの歴史に名を残すライブになったのではなかろうか。

出演者オールシークレットも賛否両論あるけど、個人的には面白いと思ったのでたまにやって欲しい。

10周年ライブでおねシンが曲投票10位だったのは偶然か操作したのか。答えは運営だけが知っている。コンフィデンスマンの世界へようこそ。

今回のライブで次のライブのハードルが馬鹿みたいに上がってしまったので、あまり期待せずに待とうと思う。大学生活も最後だし、次は現地参加しときたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(秋風に手を振って聞きたかったな…)

 

 

 

#36 2022冬アニメ 評価

 

 

 

こんにちは、戻ってきたビリーです。

前回の記事から3ヶ月も期間が空いてしまいましたが、内定をもぎ取ってきたので戻ってきました。

 

タイピングもすごい下手になってる...。

 

 

 

 

今回も今期アニメをたくさん見たので評価していくぞ~。

 

 

 

 

 

 

評価&感想

SS

なし。

もはやクールアニメが直後にこの評価になることはないのでは。

あるとしても原作かって何回か見返してとか?

 

 

S

ルパン三世

王道泥棒物語。

いつも通り、終わり方最高かよ...。

 

今回は全体を通して4人で居ることが多かった印象。いつもは3人で不二子は準レギュラー的扱いだったけど、今回は出番が多くて満足。沢城みゆきさん最近聞けなかったからその反動も?

 

そしてパート4、5と比べると今回はインパクトこそ少ないものの、センスとオシャレさがずば抜けていたと感じる。2クール目に至っては魔性の女と花言葉で雰囲気たっぷりだった。

 

人によって意見が分かれると思うが、パート6私は好きだった。単純に作画がすごいとか、アクションがアツいとかではない、静かな面白さというものがあることを再確認できた。こういうルパンも良いね。

 

次元の声優が小林清志さんから大塚明夫さんへ。最初こそ若干の違和感があったが、終盤はもうびっくりするくらい馴染んでた。0話での小林さんさよならエピソードも良かったね。個人的に完璧な声優交代ができていたと思っている。

 

EDも最高。OPは言わずもがな、EDにルパンのパート毎の良さが詰まっている。今回もオサレでキャッチーでした...。とにかく聞いてくれ。希望を言うとするならば不二子に歌って欲しかった。

 

ということで今回もSになりましたルパン三世パート6。CGにするとか、登場人物を変えるとかしなければ、今後もS安定しそう。

 

 

その着せ替え人形は恋をする

コスプレ高校生の恋愛。

 

甘っずっぺぇぇぇ!初々しい。三角関係にしてギクシャクするより、こういう一対一の恋愛の方が大好物だ。

 

あとこの作品を語る上で欠かせないのが超作画と声優の演技だろう。

 

まず作画。ぬるっぬる動く。力のいれどころが分かっているというか、デフォルメ絵も使いつつ、ここぞという場面で気持ちいいくらい動く。作画レベルが一段あがってきた。作画に詳しくない私が分かるレベルだから間違いない。

 

次に声優の演技。全員良いのだが、特にギャルが完璧にギャル。理想の声質に理想の演技をしてくれる。最高。ちょいちょいイタいセリフもあるけど違和感なく聞ける。すごいな。

今後ギャルキャラ出てくる度に、直田姫奈さんの声がフラッシュバックしそう。お色気キャラが出てくる度に沢城みゆきさんの声が思い浮かぶように。

あとAnimeJapanのコスプレ良き。ビジュアルも強い。

 

コスプレに関して詳しくやってくれるので、為になる。褐色のギザ歯の子がお気に入りです。

 

物語もシリアスとかほぼなく、コスプレと恋愛が中心で進んでいく。コスプレも好きだし、恋愛としてももどかしくてドキドキするので最高。世間的にも個人的にも今期覇権はこの作品になりそう。

 

 

 

明日ちゃんのセーラー服

フェチを詰め込んだ美少女アニメ

とか言ったけど序盤以降あんまフェチ要素ない?切った爪のにおい嗅ぐとか、髪結ぶときの仕草とか、特定の人に受けそうなフェチシーンがいっぱいある。

 

こちらも作画がものすごい。こんな動くんかってくらい。今風の作画にしたジブリみたい。そして漫画の見開き一枚絵から来ているだろう通称、宗教画。毎週どこかで原作に近いタッチの静止画が使われる。これがまた美しいのなんの。フェチ可愛い美しい。フェ美かわ。

すごいのが着せ恋もこれも同じclover worksが作っているということ。調べてみるとFGOバビロニア、ワンエグ、シャドーハウス、青ブタとかがあった。

作画のクセがない分、わかりにくいけど良作たくさんある。2018年から作ってる新しめの会社なので覚えておこう。逆に知ってるアニメ会社なんてTRIGGER、シャフト、A-1picture、ガイナックス動画工房ボンズMAPPA京アニufotable、JC、PAサンライズ...調べてみると意外と知ってるな。

 

話が逸れたが、明日ちゃんは世界観が好き。良い感じの距離感のクラスメイトも良いし、家族との小気味良い会話も素敵。どの登場人物も嫌いになれない性格で幸せな世界。

風景に力を入れているからだろうか。実に住んでみたくなる世界だった。

 

声優もすごい。クラスメイト16人が全員名の知れた声優。そしてめちゃくちゃ合ってる。この人しか合わないだろってところを完全に押さえてる。キャスティングに文句言ってる人、誰もいなそう。

主人公役の村上まなつさんも、性格が明日ちゃんに似ているらしい。我々声豚はキャラと声優を同一視してしまうので、似ているに超したことはない!良いね!

そしてプロ幼女声優の久野美咲さんをキャスティングした妹。可愛すぎる...。もっと出番増やしてくれ。スピンオフとか見たい。

 

そんなこんなでS。今期は着せ恋派か明日ちゃん派かで分かれそう。恋愛をとるか、フェチズムをとるか。

 

 

 

 

時光代理人

タイムリープ系中華アニメ。

 

最近の中華アニメ、歴史系しかなくてつまんないなぁと思ってたら個人的に超好きなタイムリープが来た。

タイムリープ系という時点である程度面白いんだけど、伏線回収が素晴らしかった。

毎回ハッとさせられるんだけど、特に最終回。1話と繋げつつ、うまく辻褄を合わせてる。

 

キャラの演技が素晴らしい。けど少しイライラする。反省から学ばないとことか。

演出については、EDの入りが完璧だった。ゾクゾクするイントロに合わせてアニメも衝撃の展開を毎回入れてくる。

11話の「ゲーム(スタート)…オーバーだ!」が良すぎた。映像といい、豊永利行さんの演技といい、歌が始まるタイミングといい、物語の展開といい、全てが噛み合ってる。今まで見たEDの入りで1番好き。ラウンドアバウトもケムリクサもシティーハンターも超えてる。

 

原作があるかは分かんないけど、いいアニメ化だったと思う。

 

最終回に関しては続きが超気になるところだけど、続編に期待。

侮るなかれ、中華アニメ。

 

 

 

 

 

プラチナエンド

神候補同士のバトルロワイヤル。

 

第2クールからの言論バトルが今までにないくらい自分好みだった。

変に殺し合いとかせずに話し合いで解決したのが良かった。

自分が思っていた神に対する思想をうまいこと表現してくれた。

そして極端な思想は良くないことも分かった。

 

人が作られた意味とか、人はどうやって作られたのだとか、非常に興味深い話だった。

この作品を見て価値観が少し変わった気がする。

 

序盤はよくあるようなバトル系だと思って切りそうになってたけど、後半の言論サイドすごいので是非見て欲しい。

 

そして問題の最終回。

賛否両論あると思うけど、私は否だ。

ハッピーエンド中毒なのもあるけど、ナッセとか主人公が言ってたように、自分が幸せになること、人を幸せにすること、その行為が誰かの幸せになること、これらが生きる理由であって、生きたいと思う理由であると私は解釈した。

死はいつ訪れてもおかしくないのは分かったけど、今死ぬのは生きたいという理由を持つという結論で終わった話し合いに反すると思う。

世界には裕福な人と貧困な人の差が産まれていること、自殺する人がたくさんいることは理解しているつもりだが、それが世界を人類を滅ぼす理由にはならないと思う。

というのも裕福な人から見た綺麗事なのかもしれない。けど今の私はこう思った、という記録を残しておく。

 

そしてラストのシーン。地球が滅びた後に、地球に神を撒いたであろう地球外生命体が、「地球の生命は私たちを殺すことはできなかった」「死ねないことがどれほど苦痛か」「死がうらやましい」とか言っていたが、私にはそれが理解出来ない。

今すぐ不老不死になれと言われれば喜んでなる。退屈をつぶすための何かがあればだけど。

 

今考えてみるとナッセは何者だったのか、神の死がなぜ人類の死と直結するのか、地球外生命体は一体何者なのかという疑問が残る。

これはこの作品はフィクションであり、そのまで深く考えるなと伝えてくれているのか、作者は世界がこのようになっていると思っているのか、または作者の理想なのか。

 

幸せ世界で終わっていれば私好みだったけど、こういう終わらせ方がこの作品の良さなのだろう。

 

今すぐ誰かと感想を共有したくなる作品。

後半の伸びを評価してS!

 

 

 

 

A

王様ランキング

子供絵の壮大な冒険活劇。

 

限りなくSに近いA。

キャラデザで初見の壁あるけど、見終わってからもキャラデザは変えた方が良いかなと思った。ギャップの良さもあるけど。

 

ストーリーは序盤ほどの新鮮さはなかったけど、しっかり感動できた。

新キャラ出さずに物語の深みを出せるのすごいと思った。

 

作画〇、ストーリー〇、声優〇、主題歌〇。全体的に出来がいい。

キャラデザがよければ全肯定できたかも。惜しい。

 

 

鬼滅の刃 遊郭

言わずと知れた鬼退治物語。

 

作画はさすがのUFOtable。いろいろ問題とかあったけど安定して美しい。力入ってんなって感じ。

 

妲己の声優良かったね…。良い意味での想像通りの声を出してくれた沢城みゆきさん。

それと敵倒した話数のEDの入りが良かった。背景そのまま使うやつ。リゼロのパックに食われるルートでも同じ演出だったかな?

 

惜しい部分としては遊郭編てこんなにダラダラしてたっけってなっちゃった。敵が出てきてからずっと戦ってたな…。アツいことはアツいんだけど、少し冗長だと感じた。

次回は甘露寺蜜璃が出てくるので期待。

 

 

 

 

最遊記RELOAD ZEROIN

ヤクザ三蔵率いる日本版西遊記

 

思ってたより面白くて驚いてる。今期だと1番ギャップがあった。

腐女子向けではあるんだろうけど、ストーリー面白いし、キャラも魅力的だし、主題歌めちゃ好きだし、声優も強い。

三蔵一行の声、ぴったり似合って最高。平田さんの演技好き。

 

前作見てないからニコニコのコメント参照してなんとなく把握してたけど、それでも楽しめた。いつか漫画いちから読んでみたい。

前作のアニメは古くさくて見る気になれん...。誰かに勧められたら見るかも。

ちょっと調べてみたところ、作者が病気がちでしばらく前から原作進んでないっぽい。続きが気になる系だろうなぁ。

 

とにかく面白かったという記録と記憶を残しておくので、ふと思い出したときにでも漫画を読もうと思う。

 

 

 

 

 

からかい上手の高木さん3

両思いショートドキドキ恋愛モノの元祖?

 

と勝手に思っている。少なくとも私の中ではそう。

長瀞さんとか宇崎ちゃんとか式守さんとか、ヒロインの名前がタイトルに入ってて、タイトルが長い系はだいたいこれ。先輩がウザい後輩の話とかトニカクカワイイとかはちょっと違うかな。

 

安定して面白い。漫画でほとんど内容は知ってるけど、アニオリも時々混ぜてくれて嬉しい。アニメ版はドラマチック寄りで、高木さんがいろんな表情を見せてくれたり、ストーリー性が強い。これはこれで面白いのでヨシ。

 

続きが映画でやるらしいけど、何か終わりそうなんですけど!

聞いてないぞ。映画見たら多分また記事書きます。

乞うご期待。夏。

 

 

 

 

ハコヅメ

警官女子の日常。

 

警察側の心理、しかも女子目線だから新鮮で面白かった。

時々シリアスというか感動する話を入れてくるのも、この作品ではよく働いた。

声優の演技も振り切ってて面白いし、ネタなんて無限にありそうだからずっと見てられる。ずっと見てたい。

これも漫画が人気らしいのでいつか読みたい。

お仕事系アニメではトップクラスに好き。

評価はS寄りのA。評価Sの面々が強すぎるんじゃ。

 

 

スローループ

釣り百合きらら枠。

 

明日ちゃんと着せ恋に埋もれて陰が薄くなってた気がする。もったいない。

 

かわいいキャラに対して重すぎる過去。感情移入がしやすい。

カワイイとギャグと感動のバランスが素晴らしい。

 

釣りは正直興味ないけど、可愛いのでぜんぜん見れる。ゆるーく百合三角関係。真剣な三角関係はキツいけど、こういうのはいい。

 

恋ちゃんすき。ダウナーツンデレ少女最高。しかもママ適正アリ。無敵か?

 

きらら枠大抵、評価Aになっちゃうけど許して。

カワイイは正義。

 

 

 

 

 

プリンセスコネクト  2期

このすばインスパイアどたばたギャグ。

良い意味で。

 

二期は一期よりシリアス多め。だけど今回は1期よりシリアスというか終盤のストーリーが面白かった。

ペコ虐、キャ虐、ユ(ウキ)虐。いたたまれなくて、胸糞面白い。でも最終的には大団円で大満足。

途中のなかよし部回も良かった。ストーリーにもそれなりに関わってて出番多かった。欲を言うとなかよし部の曲流して欲しかった。

プリコネ、なかよし部と美食殿の事しかよく知らない。それでも楽しめるのがこのアニメのいい所だと思う。キャラの多さで数打ちゃ当たる作戦。そこはデレステと似てるのかも?

一期も面白かった印象あるけど、二期の方がシリアスで勝ったかな。3期もあるなら是非見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーンオーシャン 第一クール

この物語は謎の石仮面にまつわる二人の少年の数奇な運命を追う冒険譚である。六部。

 

物語は面白い、が残念が部分がいくつか。

まず放送方法。Netflix独占配信+地上波なし。アベマでリアルタイム放送があったのでギリギリ見れてたけど、それすらなくなったらいよいよ見る手段がなくなる。dアニメストアで出してくれ...。

 

しかも1クール目だけ放送して続きはまた今度て...。一気に放送して欲しかったな。熱が冷めちまう。

 

次に声優。今の声優が嫌いな訳ではない。沢城みゆきさんと中田譲治さんが合いすぎてたんだ...。あんなの誰が代わりにやっても勝てない...。沢城さんの声でアップデート「1000球だ」が聞きたかったけど、ファイルーズあいさんも慣れてきたのでよしとしよう。しかし、また期間が空くのが本当に惜しい。

 

見れる限り見るけど、マーケティングで失敗してるなというのが今の印象。

 

 

 

 

錆喰いビスコ

お菓子と錆る病気の戦い。

説明してみると訳わかんねぇな。

 

グレンラガンみを感じた。展開が予想できないアツいアニメだった。怒涛の展開で駆け抜けた。

 

ジョジョ5部並にずっと傷ついてた印象。医者が味方にいると無茶な傷させがち。

 

ミロ姉とビスコのキスシーン、ウブな私には刺激が強すぎて最高だった。

ミロビスコのBLだと思ってたけど、ちゃんとNL。

 

スッキリしたような、続きが見たくなるような終わり方。ちょっとした後日談いいよね。

続きは今回並みの超展開がないとキツそう。期待はしてる。

 

チロルの出番が少なかったので、もっとチロルを出せ!チ虐見せろ!

 

評価は悩んだけどBに限りなく近いAにしました。甘い!私の評価上振れがち!

 

 

 

 

終末のハーレム

男の夢みたいなハーレム世界。

 

dアニメの無修正バージョンで見た。最高。

漫画は途中で売っちゃったけどアニメで見るのが正解だなこれ。

 

主人公に共感できない点と、VS政府のシリアスを除けば概ね楽しめる。

 

 

 

 

B

怪人開発部の黒井津さん

怪人サイドの苦労話。

 

意外となかった怪人開発に焦点を当てた物語。戦隊ものとかご当地ヒーローが好きだったら面白いかも。

 

ギャグは爆笑系ではなくフフッと笑う系のやつ。

 

どっちも興味なかったのでそこまでそそられなかった。

けどそれなりに楽しめたのでB。

 

 

 

 

異世界美少女受肉おじさんと

トランスおじさんとおじさんの恋愛異世界道中。

 

MAOさんの声は女の子なんだけど中が男の演技すごい。ヤバイですね。

 

ストーリーはだいたい他の異世界なろうと同じ。

 

美少女受肉おじさんかわいい。以上。

 

 

 

 

東京24区

近未来AIをめぐる動乱。

 

世界観は面白いけどストーリーが微妙で肩透かし食らうパターン。1話が1時間で演出も力入ってたから期待してたけど最後の方が残念だった…。終わり方が雑すぎるぜ…。

 

最後のRGBの三原色コンビがケンカするシーンで初見なら大体の人が笑ってしまうと思う。

なんだったんだあれ…。

 

clover worksの今期隠れ3作品目。オリジナルアニメだけど、人気見て捨てたんだろうか。

 

演出とか声優は良かったのでB。

 

 

 

 

 

天才王子の赤字国家再生術

王子の策略無双。

タイトルよりいい一言説明できん。

 

王子がひたすら隣国に策略で無双する。最後に実はこんな作戦でした〜パターンが多い。一手先を常に読んでる感じ。負けて胸糞みたいな展開は基本的にないので安心。

 

作画の省略の仕方がうまかった。戦闘シーンを全部書かずに、戦略上の駒として表すとか。違和感なく省略できてた。全作画崩壊アニメを見習ってください。

 

あとヒロイン全員可愛い。頭のいい女いいよね。

 

見てて飽きはこないんだけど、ルルーシュほどの大きなインパクトがないので印象に残りにくい。なので評価は無難にB。

 

 

 

 

 

平家物語

平家の趨勢の歴史。

 

歴史わからんから半分くらい分かんなかった。

用語とか人間関係とか。

内容は面白いのかもしれないけど、もう少し現代風にアレンジして欲しかった。

 

びわが琵琶法師になるんだって分かったときは驚いた。

歴史理解がなさすぎて気付いたの10話くらいだったけど。

感の良いというか歴史に会える程度の理解がある人は1話でわかるんだろ思う。でもそれだと結末も分かっちゃうのか。

 

序盤はまだ理解できてたんだけど後半に行くにつれてややこしくなって理解するのを諦めちゃった。

 

 

 

 

 

C

賢者の弟子を名乗る賢者

よくある異世界アニメから一歩踏み出せなかったアニメ。

 

1話ラストがピークだったように感じる。

 

これは異世界転生モノに慣れすぎた私も悪いかもしれん。ストーリーの大筋が全部一緒で予想通りすぎちゃう。

 

印象に残ってるのは1話のロリ転生と、ロリ大好き変態お姉さん。

 

今期の異世界ファンタジー多すぎるな。6作品あった。

 

 

 

 

 

 

失格紋の最強賢者

俺つええええ賢者2作品目。

 

ドラゴン娘がひたすらカワイイ。

それ以外のヒロインも可愛い。

 

それ以外はまぁ...。

 

序盤のダイジェスト並のテンポを終盤まで保ってたら評価は変わったかも。

 

 

 

 

TRIBE NINE

少林サッカーの野球版。

 

どうしたんだ、ダンロン開発チーム...。

期待してたってものあるけど、それにしてもじゃない?

競技のルールよーわからんし、展開むちゃくちゃで感情移入できん。

 

キャラはダンロンほどじゃないけど個性があって良かった。

ダンロン絵が動いてて感動したけど、ストーリーがこれじゃあなぁ。

 

ゲームやろうとしてたけど止めます。これに懲りてダンロン新作作ってくんないかな…。

 

 

 

 

切った作品

ドールズフロントライン

薔薇王の葬列

錆色のアーマ

佐々木と宮野

空色ユーティリティ

現実主義勇者の王国再建記 二期

フットサルボーイズ

範馬刃牙

ヴァニタスの手記 2クール

リーマンズクラブ

テイコウペンギン

ガル学

永遠の831

 

 

切った作品多いね。

地上波、dアニメストア、ニコニコで見れなかった作品、面白くなくて見なくなった作品に加えて、今期は就活で忙しかったので余り見れなかった。

しかし、このくらいは今後も切っていいかなと感じた。

私は今まで「今見なかったら今後一生見なくなる」という考えで、できるだけ多くの作品を見てきたが、今後一生見なくても問題ない作品も多いし、見返さないなら見なくてもいいかなと思うようになってきた。

その時間を他に使おうと思います。

 

 

 

 

 

 

MVS

大賞

「カミモホトケモ」GRANRODEO

「知らなきゃ」安月名莉子

 

ノミネート

「残響賛歌」Aimer

「風の音すら聞こえない」JUNNA

「Dive Back In Time」bicaso

「まっすぐ」大原ゆい子

「燦々デイズ」スピラスピカ

「恋ノ行方」あかせあかり

「悪魔の子」ヒグチアイ

「Change」nonoc

「箱庭の幸福」田所あずさ

「BITTER RAIN」藤原さくら

「ニンジャライクニンジャ」ウォルピスカーター

「SAKURA BURST」Co Shu Nie

 

 

特別賞

「OverThink」bicaso

 

 

ノミネート多くなっちゃった。覇権!って曲はなかったけど全体的にレベルが高い。

曲の良さもあるけど、映像の良さでも選んでる。特に着せ恋曲。

特別賞は時光代理人11話を参照のほど。

 

 

まとめ

今期は就活とブレワイの影響でアニメをまともに見れない、と思ってたけど結構見てるな。

後半はブレワイながら見が多かった。評価B,Cのアニメとか、ラジオとか聞きながらやってた。なので評価がさらに下がっている可能性がある。申し訳ない。

 

今回はSが4作品!近年では多い方ではないでしょうか!

と思って過去のやつ見てみたけどそんなことないね。意外とあるね。

 

豊作か不作かで言ったら、やや豊作かな。現段階でのビッグタイトルは少ないけど、将来のビッグタイトルが並んでいそう。続編に期待が持てる作品が多かった。

 

 

今期の特徴は美少女アニメ異世界だと思う。

 

まず美少女アニメについては着せ恋と明日ちゃんの人気から分かる美少女アニメの二極化。

着せ恋はよりリアルに寄った設定で男女の恋愛を描くのに対し、明日ちゃんはほとんど女の子しか出てこない世界でカワイイや美しいを求める。

どちらもフィクションであることは変わらないけど、その程度が違う。その差が作品のゴールを分けている。

これはどちらが良いとか悪いとかいう問題ではなく、どちらを好むかという問題だと思う。

とか書いてみたけど、こんなのどっちでもいいな。楽しめればどっちでもヨシ!!

 

次に異世界もの。多すぎない?

なぜ明らかに飽きられている作品を量産するのか。始めて見たときは面白いと思ったけど、もうさすがに皆見てるだろう。そこまでしてアニメ化するのに何か意味があるんだろうか。

新鮮なアニメばかりだと面白い作品が際立たないから、今のままでも良いのかも知れない。

今期は特に異世界系が多いと感じたので少しばかり小言を。

 

個人的覇権は時光代理人と着せ恋かな。前者は終盤のインパクト、後者は全体を通してのストーリーと演出。どっちも続きが早く見たい...。

 

今期嫁は喜多川さんと峰不二子と高木さんとなかよし部で。嫁というより好きなキャラになってる。

 

 

今期のまとめはこんな感じかな。

 

それでは豊作と話題の来期でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム...オーバーだ...!